「天久鷹央の推理カルテ」



天久鷹央の推理カルテ (1)

おすすめコミック。原作:知念実希人、イラスト:緒原博綺、キャラクター原案:いとうのいぢ。月刊コミック@バンチ連載中。

天医会総合病院統括診断部診療部長・天久鷹央(あめくたかお)。各科で診断困難とされた患者も、常人離れした診察術で、たちどころに診断してしまう天才女医。しかし彼女が診察するのはただの病人だけではない。河童を見た、幽霊を見たなど、患者たちが持ち込む怪奇的な事件に興味を持ち、自ら医療の力で解決に導いていく。

新潮文庫nexの同名小説のコミカライズ版となります。原作者は現役の医師であり、各話の終わりには、筆者の医療トリビアが掲載されています。

医学の力で、不可解な事件を解決していく天才ドクターの話。医療の知識を活かして、患者の症状や事件現場の状況から真相を究明しつつ、さらに病気も治してしまいます。例えるならNHKのTV番組「総合診療医 ドクターG」のような感じです。

天久先生は天才ではありますが、性格や言動にやや難があり、なんでも首を突っ込んでいったり、患者の応対がぶっきらぼうだったりします。しかし、あまりある知識と冷静な判断力で問題を看破していくところが魅力的。

いくつかエピソードがありますが、中でも「不可視の胎児」の話は秀逸。赤ん坊を妊娠したという少女、しかしエコーに胎児の姿は見られない。おそらく想像妊娠かと思われたとき……。ほか、考えさせられるようなエピソードが多く、今後も期待できます。

試し読みはこちら〆。

「旧約マザーグール」



旧約マザーグール (上) (下) (リュウコミックス)

おすすめコミック。「昭島スーサイド☆クラブ」の菅原キク著。アーススターにて連載終了の「HOLYHOLY」の新装版。

“その無人の島に最初に辿り着いたのは、目も耳も不自由な一人の乙女と、14人の生まれたばかりの赤子だけだった”

豪華客船で行く、聖エルレシアン女学園の修学旅行。突然の事故により船が沈没してしまったが、何とか生き残った少女たちは、無人島と思しき島へ流れつく。優等生・草間トリノと優しい友人・小井戸ひな達生徒は、家に帰ろうと、島を探索するうちに、巨大な目を持つ異形の怪物に遭遇してしまう。この怪物は何者なのか、この島から逃げ出すことはできるのか? 少女たちのサバイバルが始まった……。

旧題「HOLYHOLY」、コミックリュウWebにて連載中の「マザーグール」のアナザーストーリーです。登場人物が共通となるため、どちらも同じ時間軸ですが、違ったストーリーが展開します。

ちょっと百合めな無人島でのサバイバルホラーで、敵の正体が良くわからないまま、逃げろ逃げろで展開します。物語と並行して、おそらく怪物の祖となったであろう、目も耳も不自由な乙女とその子供たちの伝承が語られ、この怪物の正体に迫っていきます。なぜ怪物は少女たちを襲うのか、どうすれば逃げ切れることができるのか、が注目ポイントです。

登場人物がみな個性的で、キャラが多いわりに書き分けができているところに好感。また、お嬢様ゆえの楽天的な発想で危機感が欠如していたり、仲間内のトラブルや独断専行での失敗など、やってはいけないようなことを率先してやらかしていきます。このままじゃ全滅必死。その中で、唯一現実感のある主人公のトリノが、仲間たちを引っ張っていきます。しかし彼女にも弱点があって、ままならないことも……。

ストーリーは完結せず、そのまま「マザーグール」へと解決編は引き継がれます。漂流した別のグループの話となりますが、トリノたちに合流して戦う形になったらうれしい限り。はたしてどうなるか、そういった面でも非常に楽しみです。

試し読みはこちら
「マザーグール」はこちら〆。

「ゴブリンスレイヤー」



ゴブリンスレイヤー(1) (ビッグガンガンコミックス)

おすすめコミック。原作:蝸牛くも、作画:黒瀬浩介、キャラクター原案:神奈月昇、月刊ビッグガンガン連載中。

新米冒険者、女神官は、ギルドで知り合った新米仲間たちとパーティを組み、ゴブリン退治に向かう。しかし、ゴブリンは予想以上に手ごわく、パーティは自分を残して全滅してしまう。死を覚悟した瞬間、現れたのは鎧兜を身につけた最高クラスの冒険者「ゴブリンスレイヤー」だった。顔を見せないこの男は、ゴブリンを狩ることのみ請け負う、謎の冒険者だった……。

原作はGA文庫のライトノベルとなります。キャラクターに名前はついていないので、まおゆうのように、職業で呼ばれています。

ファンタジーの世界では、雑魚として扱われるゴブリンですが、本作では、新米冒険者など話にもならないぐらい強敵であり、ドラゴンなどの強大なモンスターよりも、小さいながらも多くの被害を与えるモンスターとされています。

甘い考えでゴブリンに挑みパーティは全滅します。ボッコボコにされたとき、登場する異常な強さの冒険者。それがゴブリンスレイヤーであり、淡々とゴブリンを屠り、子どもにも容赦せず、一切顔を見せない不気味な男です。

彼はゴブリンに異常に執着し、斬り殺し、殲滅させることを楽しいと感じています。他の強力なモンスターには興味はなく、淡々と狩り続ける日々。女神官は彼に恐れを抱きながらも、パーティとしてともに行動するようになります。ゴブリンを狩り続けた先に何が待つのか、ダークヒーローと正統派ヒロインがコンビを組んで戦う異色のファンタジーです。

試し読みはこちら
原作のサイトはこちら〆。

「魔王城でおやすみ」



魔王城でおやすみ 1 (少年サンデーコミックス)

おすすめコミック。熊之股鍵次、週刊少年サンデー連載中。

魔王に捕らえられてしまった姫君、オーロラ・栖夜(スヤ)・リース・カイミーンの悩みは、寝る以外やることがないこと……。幽閉されてはいるが、公務からも解き放たれ、扱いはVIP級、ご飯も意外と美味。しかし、安眠できたためしがない。どうすればよい眠りにつくことができるか? 今夜も安眠のためのアイテムを探しに、魔王城を徘徊するのであった……。

囚われの姫の快眠ライフを描いたファンタジーコメディ。まずは枕の質を上げるために、ふわふわしたモンスターの毛をむしることからスタート。トゲトゲのモンスターから針を抜き取って裁縫道具として、姫特製安眠枕を作り上げましょう。

牢屋のカギを持つモンスターを懐柔し、自由に魔王城を徘徊し始める姫。シーツ、ベッド、その他もろもろ、安眠のためのアイテムをかき集め、時に自作し、たくましく生き抜いていきます。

一方、人間の勇者や魔王・モンスターたちも、姫にひっかきまわされながらも、それぞれの役割を全うしようとがんばります。がんばるけれど、姫の粗相が原因で、基本的に取り越し苦労に終わります。かわいそうに……。

そんな姫とモンスターたちの安眠コメディです。
試し読みはこちら〆。

「けものフレンズ」についての感想(前半)

たまには、アニメの感想でも。巷で話題のアニメ「けものフレンズ」について。

~あらすじ~(公式サイトより)
この世界のどこかにつくられた超巨大総合動物園「ジャパリパーク」。そこでは神秘の物質「サンドスター」の力で、動物たちが次々とヒトの姿をした「アニマルガール」へと変身――! 訪れた人々と賑やかに楽しむようになりました。しかし、時は流れ……。

ある日、パークに困った様子の迷子の姿が。帰路を目指すための旅路が始まるかと思いきや、アニマルガールたちも加わって、大冒険になっちゃった!?

現在第6話まで進行中、結構がっつりアプリ版をプレイしていたので、設定の違いに戸惑いつつ、楽しんでおります。
ヒット作なので、各話の細かいあらすじは省きます。他所で探してみてください。

正直、最初はサーバル以下、素人みたいな声優はなんとかならんかったのかと、イライラしながら見てましたが、それはこういうもんなのだ、と悟ってしまえばまあ大丈夫に(サブキャラは逆に精鋭声優揃いで安心)。

ジャパリパークの開園前だったアプリ版と異なり、ジャパリパークは開園後、しかもどうやら人類滅んだっぽい? 演出やプロットとなっているため、いやでも「猿の惑星」を思い出す感じになっています。
Twitterでは「#けものフレンズ考察班」なるタグもでき、このフレンズしかいない荒廃した(?)世界はどのようにできたのかなど、文字通り考察がされていて、楽しめます。明らかに深読みなのに、案外読めてしまうところが素晴らしい。

さて、コミック版も含め、この作品の厄介なところは、同一素材を元にした別作品と思われるのに、設定の一部だけ重複させるなどして、鑑賞者を混乱させる点です。
まあ、そこが面白い点でもあるのですが、例えば「トキ」は、アプリ版もコミック版もアニメ版を「音痴」という点で統一されていますが、「キタキツネ」はアプリ版では儚げな感じのキャラクターだったのが、コミック版ではツンデレで小生意気なキャラクターになっていたり、外見と中身を変えてきています。

アプリ版とアニメ版で比較すると、パークガイド(ミライさん)の被っていた帽子と同じデザインのものを、かばんが被っていること、また両者とラッキービーストの声は同一声優(内田彩)であることが共通点ですが、それならサーバルはそれを知っているはずなので、矛盾が発生するなど、混乱の種が多々あり。また、アライグマとフェネックが何かの目的のためにサーバルを追っている、というのも同じ(アプリ版はかばんではなくセーバルを追撃)。

合わせて世界観を考えていくと、ジャパリパークについては、アプリ版はセルリアンのせいで開園できない、コミック版では開園しており来園者も多い、アニメ版では人間の姿がなく荒廃している、と三者三様。時系列があるんだかないんだか。

これらの事象についての解は、手塚治虫作品や「舞-HiMEプロジェクト」などの「スターシステム(同一人物が別作品でも登場するが、見た目や名前が同じだけで別人扱い)」を採用していると思われるので、メディアは関係なくすべて別人物別世界……としてしまえばよいのですが、ここで一つ問題が。

アプリ版の配信が終わってる=ジャパリパークが崩壊した?

そんなことがあり、時系列が実はあり、終了したアプリ版の続きでは? 説が浮上してくるのですが、それもまた矛盾を残しているためにありえない感じです。
なぜなら……アプリ版は超ハッピーエンドで終わるから……。

ストーリーもサービスも、大団円で終わっているので、これをアニメ版で壊すようなことは、さすがにしてこないんじゃないかと推測してます。
完全無料化(ようするに事実上のサービス撤退)した後、過去イベントが全部解放されて、二週目のストーリーまであり、親密度も追加され、これでもかと遊びつくした後、アニメの発表とともに消えていったので、今まで費やしたお金は……とか、ヘイトをためるユーザーもほとんどいなかったはず。強すぎたセイリュウ以外。

でも実はあの後ジャパリパークが滅びました、では悲しすぎる……。
逆に、その設定だったら、もうすごいとしか言いようがない。そのためにアプリ版閉じてたら、プロジェクトとしてのこだわりに脱帽するしかないでしょう(そしてちょっと期待している)。

まだまだストーリーは途中なので、今後の展開踏まえて、注目してみようと思います。感想(後編)はアニメ終了後に載せようかと思います。〆

追伸
アルパカはかわいい。
方言といい所作といい、近年ないかわいさ。素敵。

「クリミナーレ!」



クリミナーレ! 1 (裏少年サンデーコミックス)

おすすめコミック。水色すいみん(鎌田一世、今野龍之介)、裏サンデー連載中。

「ナチュラルボーン被害者(生まれついての被害者)」という特殊な体質を持つ高校生・市村民人。窃盗、ひき逃げ、痴漢など、ありとあらゆる犯罪に巻き込まれていしまうという体質で、彼の周りは危険がいっぱい。そんな彼のクラスは、犯罪者たちを集めた特別なクラスだった。ストーカー、殺し屋、強姦魔、クラッカー……個性豊かなクラスメイトとともに、民人の学園ライフが始まる。

クリミナーレとは、イタリア語で犯罪者という意味。同名のCDドラマシリーズとは別の作品です。犯罪者予備軍を集めたクラスで、犯罪を呼び寄せる主人公とクラスメイトとのドタバタコメディです。

ストーカーのヒロイン・小森さんをはじめ、次から次へとヤバイ奴ら(犯罪者予備軍)が登場します。基本的にネジが外れているため、それはまずいでしょ、というのをとことんやるのがいっそ清々しい。

主人公の方はというと、ラッキースケベの要領で犯罪を呼び込んでくるので、それもまた大迷惑。ただし、犯罪に巻き込まれ慣れしているため、防弾チョッキを着こんでいたり、吹き飛ばされても華麗な五点着地を見せるなど、人間性能は高い。凡庸ながらサバイバリティが高いという、今までにいなかった主人公で好感度高し。

3巻以降は、そんな彼らの天敵・怪盗ハルカナも登場し、恋の戦争が勃発します。流れ弾をくらったクールな殺し屋・セーラがどんどん可愛くなっていくのですが、それは読んでみてのお楽しみ。

試し読みはこちら〆。

「架刑のアリス」



架刑のアリス(1) (KCx)

おすすめコミック。由貴香織里著、ARIA連載中。

大財閥、久遠寺家の四女・久遠寺星(くおんじすてら)は、長兄・是乃(ぜの)が大好きなブラコン女子高生。是乃兄がいれば大丈夫と、兄に絶対の信頼を寄せていた。ある日、9人兄妹が一堂に会した「お茶会」で、母・織雅(おるが)から衝撃の発言が飛び出す。「兄妹全員で殺し合いをしてほしい。生き残った一人が久遠寺家を継ぐ者となる」。突然の宣告に動揺する兄妹だったが、有無を言わせず戦いの火ぶたが切って落とされた。かつての兄妹たちに追い詰められたステラだったが、その時、超戦闘的な人格・血塗れアリスが覚醒する……。

かなりマッドな変身ヒロインものです。ステラはアリスに変身することで理性のタガが外れ、身体能力も向上し、問答無用で敵をぶちのめすことができます。殺す相手は自分の兄妹たち。殺らなければ殺られる、という状況で、ステラは生き残ることができるか? という感じ。

ステラは大好きな兄・是乃を救うために戦いますが、もちろん兄妹を殺せと言われて素直に殺すわけもなく、絶対的な権力者である母に反抗します。しかし、状況は彼女を戦わせるように変化していきます。そのとき、戦闘用の人格・アリスが出現し、マシンガンを撃ちまくります。

兄妹全員が仲が悪いわけではなく、協力することもあります。また、皆ある理由で特殊な能力を持っているため、そのまま戦っても勝算なしとなれば、色々と知恵を働かせての騙しあいとなります。そもそも頭首になろうという者がいないため、今一つ緊張感に欠けた戦いになっています。それでも戦いが勃発し、つぶしあいが発生する、その辺りの理由と攻防が見どころです。

少年漫画と少女漫画の中間のような不思議な作品。凄惨なバトルと少女漫画お約束の三角関係があったりして、珍しいタイプなのではないかと。

試し読みはこちら

「カオスチャイルド」(CHAOS;CHILD)攻略



CHAOS;CHILD

アニメ化と、「らぶChuchu!!」を記念して、久々に攻略してみました。
フローチャートとTips程度しかありませんが、何かのお役には立つかと。

Psychelia2 カオスチャイルド攻略
http://www.psychelia2.com/chaoschild_index.html

妄想科学ADV「CHAOS;CHILD」Official Website
http://chaoschild.jp/

「CHAOS;CHILD」アニメ公式サイト
http://chaoschildanime.com/

「うらたろう」



うらたろう 1 (ヤングジャンプコミックス)

おすすめコミック。「ねじまきカギュー」の中山敦支著、週刊ヤングジャンプ連載中。

源平合戦後、平氏側が勝利し六波羅時代が始まった和の国。余命いくばくという病を持つ娘・ちよは、お供のジイとともに、不老不死の力を持つという鬼人を探していた。鬼人に会えば、不老不死にしてもらえる……その一心で鬼人を探し求めるが、一方の鬼人は、生きることに疲れ、死ねない体を恨んでいた。まったく違う考えの二人が出会い、ちよは生きるために、鬼人は死ぬために、共に伝承の地・黄泉比良坂(よもつひらさか)を目指すことになった。

生きたがりの少女ちよと、死にたがりの鬼人(うらたろう)の道中記。病に侵されながらも、元気いっぱい、底抜けに明るいちよがいじらしい。対照的に不死でありながら、ひねくれ者のうらたろうには、死ねない苦しみを持つ悲哀を感じます。

互いの目的を果たすために旅をしますが、行く先々に妖怪の類が立ちはだかります。困っている人たちを助けようとするちよと、放っておけと言ううらたろう。考え方の異なる二人の間には溝が生まれますが、うらたろうはちよの前向きな姿勢に興味を持ち、次第に協力してくれるようになります。

代表作「ねじまきカギュー」では、迫力あるアクションとメリハリの利いた展開が素晴らしかった著者ですが、今回も切れ味は健在。しかも、主人公の一人は激弱、一人は激強(というか不死身)のため、うらたろうが出てきて爆発したときのカタルシスが凄まじいことに。

ちよは不老不死の力を得、生き残ることができるか、うらたろうは無事に死ぬことができるか? 二人の旅は続きます。

試し読みはこちら。〆

2017年スタート!

あけましておめでとうございます。

昨年はブログの更新を再開し、格闘ゲームにはまった一年でした。
引き続き、今年はゲームの攻略も再開してみようかと思います。

気づいたら……16年目なんですよこのサイト。
良く続くもんだと感心しております。

面白そうな漫画を探しつつ、ゲームも楽しみ、チャリで遠出をして、やりたいことやって、
良い一年になりますように!

「ダンベル何キロ持てる?」



ダンベル何キロ持てる? 1 (裏少年サンデーコミックス)

おすすめコミック。原著サンドロビッチ・ヤバ子、イラストMAAM。裏少年サンデー連載中。

紗倉ひびき、17歳、高校二年生、趣味は食べ歩き。最近太り気味だと友人に指摘され、ダイエットのためにフィットネスジムに通うことにするが、入ったジムは格闘家も通う本格的な肉体トレーニング用のジムだった……。尻込みするひびきだったが、たまたま一緒に入会したお嬢様・奏流院朱美(そうりゅういんあけみ)や、さわやかイケメントレーナーに励まされ、一緒に筋トレ&ダイエットに挑戦することになった。

ダイエットのはずが筋トレになってしまったギャル女子高生の話。太り気味とはいえ、プロポーションはそんなに悪くなく、しかしスレンダーというわけでもなく、という体型のひびき。一方、朱美は抜群のプロポーションと肉体能力を持つものも、偏執的な筋肉フェチという、女子としては怪しい一面を持っています。

筋トレの実用漫画ではあるのですが、なぜか喘ぎ声を出したり、妙に露出が多いなど媚び要素を忘れていない健全図書。喜怒哀楽が激しいひびきの顔芸も見どころ。これだけ破顔するヒロインも珍しい。

色々と知識を得るうちに、なんとなく筋トレしなくてはと思わせてくれる作品。もうちょっとやせないと……。

試し読みはこちら。〆

「NKJK」



NKJK(1) (アクションコミックス(月刊アクション))

おすすめコミック。吉沢緑時著、月間アクション連載終了、全2巻完結。

西宝夏紀(さいほうなつき)と富士矢舞(ふじやまい)は、幼稚園のころからの大親友。仲良く同じ高校へ進学したが、富士矢が大病を患い入院してしまった。もう元の生活に戻れないかもしれないらしい。何か親友の力になれないか? 悩める西宝は、富士矢の母親から「娘を笑わせてほしい」と依頼される。人体には免疫力を高めるNK(ナチュラルキラー)細胞というものがある。そのNK細胞の力によって、娘を回復させることができるかもしれない、というのである。お嬢様育ちの西宝はお笑いというものがよくわからない、しかし親友のためならと、笑わせるためのお見舞いが始まった。

病気療養中の友人を笑わせるために、日々様々なネタを仕込み、お見舞いに行く、というお話です。しかし何分、そういったものに触れてこなかったお嬢様二人なので、世間で面白いといわれているものが、どうして面白いかも理解できません。演じる方も見る方も、ギクシャクした感じで、ネタの披露後に微妙な空気になるという失敗続き……。

実際にネタも寒いので、ほとんど笑えないのですが、本作はそれが狙いなので問題なし。笑わせることに苦戦する西宝と、よくわからないけれど友人のがんばりを受け止めてあげようという富士矢。二人の不思議でシュールだけど、実は熱い友情が見どころ。

一方で富士矢の病は徐々に進行し、回復の見込みがないことがわかってきます。そんな時に、西宝は笑いの研究なんてしていてよいのかと葛藤します。しかしそんな彼女を支えてくれる仲間たちに励まされ、今日もNK細胞を信じてがんばるのです。雲行き怪しい中、果たして奇跡は起こるのか?

全二巻完結です。試し読みはこちら。〆

「謎のあの店」



謎のあの店 1 (Nemuki+コミックス)

おすすめコミック。松本英子著、Nemuki+連載中。

街で見かけた変な店、特徴的な店、謎のあの店……。作者自身がそんな店に実際に行ってみよう、というルポエッセイ。路地裏の怪しげな店から、トンデモメニューのあのラーメン屋まで、謎の店多数。

「散歩の達人」という、街紹介の雑誌が好きなのですが、作者は昔その雑誌でイラストエッセイを描いていた松本英子氏(別作品「ステキな東京魔窟」に収録)。観光ガイドの内容とはまた違った、街を愛する人の雑誌です。理髪店にいくと、常備してある散歩の達人を読んでいたものです。結構濃い。まあ、それはさておき……。

謎のあの店では、飲食店を中心に、文字通り謎の店を取材するものですが、ガッツリ取材をするという感じではなく、ふらっと行ってみて、どんなもんかみてやろうかな、というゆるーいスタイルになっています。中には覚悟が必要な店もありますが、街歩きの延長にあるような形なので、読者は身構えずにゆるーく見ることができるのが大きな特徴。

著者がとんかつ買うのを見て、自分も買ってみたいと思ったり、なんだこの店行ってみたい! と思えるようなものが多数。普通のお店に飽きた人、ガイドに載らない隠れた名店(?)を知りたい人は是非お読みください。謎の店は、案外近くにある。

試し読みはこちら。〆

「兄の嫁と暮らしています。」



兄の嫁と暮らしています。(1) (ヤングガンガンコミックス)

おすすめコミック。くずしろ著、ヤングガンガン連載中。

両親を早くに亡くし、兄妹二人で暮らしてきた岸辺志乃(きしべしの)17歳。その兄も亡くし、今は兄の嫁の希(のぞみ)さんと暮らしている。血のつながりはないけれど、義姉と義妹として仲良く暮らす二人。面倒見がよく、きれいでとても優しい希さんだが、兄がすでに他界している今、いつまでも甘えていいものかと、志乃は今日も悩むのであった。

義理の姉と暮らす女子高生の物語。義姉・希さんはとにかくできた人で、義妹・志乃が不満を抱くところはない。いつでも優しいし、可愛いし、兄のことを好きだったことが随所に現れ、周りの人を幸せにしてくれるような素敵な大人の女性です。のろけが多いのが唯一の欠点か?

一方の志乃は、いたって普通の女子高生。希さんに頼りたいと思いながらも、あまり煩わせたくないと悩みます。例えばクラスTシャツを作るとき、皆が親にお金を出してもらう中、自分で工面してみたり。義姉との距離感を保とうとしますが、そんな想いも受け止めてしまう希さんに脱帽する日々。

二人の間にいるはずの、兄であり旦那が他界している中、二人の関係がどこまで続くのか、続けていってもよいのか? 自分たちが見ているのは、義姉を通してみる兄の面影、義妹を通してみる旦那の思い出ではないのか。本当は他人の二人の、近いような遠いような姉妹の絆が描かれます。

試し読みはこちら。〆

「雨水リンダ」



雨水リンダ(1) (ガンガンコミックスONLINE)

おすすめコミック。「浅尾さんと倉田くん」のHERO著、ガンガンONLINE連載中。一応4コマ漫画?

廃校舎にある、手芸部という名のオカルト研究部。部員のみつけた怪しげな本から、「人形」を創り出そうと実験を行う。枝は骨に、布は皮に、お菓子は内臓に、ガラスは声に、そして雨水を心の触媒として誕生した人形は、部長のリンダそっくりの人形だった。人の言葉を話し、リンダの幼いころの記憶を持つ不思議な雨水人形。部員たちは、雨子と名付けて、部室のマスコットとしてかわいがることになる。……いつか壊すその日まで。

リンダと雨子を中心とした、部員たちの青春コメディものです。雨子の生態調査を続けていくうちに、人間と同じようで違うところや、色々な性質を見つけていきます。また、純粋な雨子は、意図せず部員たちの癒しとなっていきます。

ストレスで水漏れする、普段は宙に浮いているが接ぎ木で足が生えるなど、雨子の人形性能(?)は、独創性が高く目を見張るものがあります。幽霊のような存在と一緒に学園生活を送る、というのは珍しいストーリーではありませんが、リンダのキャラクター性が面白く、また、いつか壊す儚い存在として描かれるため情がわき、オリジナリティの高い作品になっています。

試し読みはこちら。〆

「淫らな青ちゃんは勉強ができない」



淫らな青ちゃんは勉強ができない(1) (マガジンエッジKC)

おすすめコミック。カワハラ恋著、少年マガジンエッジ連載中。

学力優秀、人付き合いはちょっと苦手な女子高生・堀江青(ほりえあお)。官能小説化を父に持ち、名前の由来はアオカンのアオ。エロい環境に育ったこともあり、男はみんな狼、どいつもこいつも性欲の塊だという、偏った観念を持っている。そのため、青春には目もくれず、大学では一人暮らしをするために、猛勉強をしていた。しかし、とあることがきっかけで、クラスのリア充男子・木嶋拓海に興味を持たれ、恋愛を意識するようになってしまい……。

青ちゃんは偏った性知識があるために、木嶋の行動をすべてエロい行動に結びつけて考えてしまいます。第三者目線で見ると、学生同士のピュアな恋愛のはずが、青ちゃん視点では、変態妄想全開になります。なんてことのない、木嶋のちょっとした一言でパニくって右往左往する青ちゃんと、振り回される木嶋の行動が面白いラブコメ。青ちゃんのデレ顔が常に可愛い。

興味がないはずの木嶋に、惹かれていったり、離れていったり。揺れる恋心と下がっていく成績。勉強するために集中しなきゃいけないのに、気になって集中できない、という青春真っ盛りの青ちゃん。その前に恋のライバルが出現して、平和な日常がさらに崩されていきます。果たして志望校へ合格できるのか、木嶋との恋の行方はどうなっていくのか?

試し読みはこちら。〆

「木根さんの1人でキネマ」



木根さんの1人でキネマ 1 (ジェッツコミックス)

おすすめコミック。アサイ著、ヤングアニマルdensi連載中。

とある会社のOLにして課長・木根真知子(きねまちこ)三十ウン歳。映画好きが興じて、大学時代からずっと「1人でキネマ」という映画感想ブログを更新している。毎週たくさんの映画を見ては、ブログを更新する日々だったが、趣味を分かち合える仲間がいないことがちょっと寂しい。それもそのはず、木根さんの好きな映画は、ちょっと偏ってディープな作品が多いのだ。名作からB級作品まで、映画を見て熱狂したり激怒したり、今日も木根さんは我が道を行く。

映画好きなら、うん、そうなんだよね! と同調してしまうような感想ネタが多く出てきます。第一話から、「ターミネーター」シリーズのどのタイトルが面白かったか=それは「2」一択なのでは? という話題からスタートします。しかし、木根さんの所感は世間とは異なるので、そこで当然摩擦が発生するわけですが、まあ、映画好きあるあるですよ。

ゲームでもアニメでも漫画でもそうですが、人それぞれなんだから仕方ない、というお約束事を越えて毒を吐くという木根さん。時には妥協もするけれど、好きなものを好きと(自宅では)言い切る素晴らしい映画オタです。世間に流されまいとするその姿勢と、しかし社会に出れば完全に擬態し隠れオタに徹するところも共感が持てます。大人になるってことは、程度をわきまえることなのサ……。

登場する映画ネタは、インディ・ジョーンズ、スターウォーズなどメジャー系がほとんどですが、映画のシナリオをオマージュしたようなストーリーになっており、原作を知っているとより楽しめます。基本は洋画ですが、最近では「エヴァンゲリヲン」を扱うなど、懐の広さもあり。ネタも付きそうにないので、今後も長く楽しめそうです。

ああ、マンガ読んでたら「バッドボーイズ2バッド」が異常に見たくなってきた(いや、面白いかどうかはわからんよ?)。久々にTSUTAYAでも行くか……。

試し読みはこちら。〆

「おにでか!」



おにでか! (1) (ヒーローズコミックス)

おすすめコミック。矢寺圭太著、pixivヒーローズ連載中。

女子高生・鬼龍院花生(きりゅういんはなお)は学校のアイドル。男子たちからモテモテだが、色恋にはあまり興味はない様子。いつも幼馴染の渡辺武蔵(たけぞう)をこき使っては、自分に言い寄る男子たちを追い払っていた。さんざんパシリに使われていた武蔵は、このまま甘やかしていてはいかん! と一念発起し、これからは世話を焼かないことを宣言する。ショックを受ける花生だったが、そこに謎の雷が落ちてきて……。

パトロール中の事故で命を落とし、異星人と一心同体となって地球守ることになったのはハヤタ隊員=ウルトラマン。本作では、似たような事故で死んでしまった少年・武蔵に宇宙生命体コスメスが宿り、その場にいた花生には巨大化能力が身についてしまいます。そして、世界を救うために、次々と現れる外敵と戦うことになっていくことに。

現れる敵の正体は不明。どうやらコスメスと同じような宇宙生命体らしいことがわかります。また、花生は「ときめき」の力で巨大化し、どんどん強くなります。それはビルより大きく、体育館を押しつぶすほどに……。恋する乙女ほど強くなるというスーパーヒーロー(ヒロイン?)なのです。

なお、戦闘方法は、殴る・蹴る、のまんま肉弾戦です。スペシウム光線や剣・盾など便利な武器はありません。思いっきり蹴り飛ばします。戦う相手も人型ですが、序盤の強敵・メイドアイドルは斬新な攻撃方法を繰り出してくるため、元はひ弱な女子高生である花生は大苦戦。圧倒的火力に立ち向かうために花生がとった行動とは……。

巨大少女というジャンルになると思いますが、この作品は”巨大になっている”という描写が非常に優れています。ビルの合間に立つ花生や、よろけて地面を踏み抜くカット、校舎に乗った花生をロングショットで描くシーンなど、被写体の大きさを強調するために、怪獣映画や特撮物でよく使われる手法ではあるのですが、よく描かれていると思います。そういったちょっとしたところをさぼると、迫力に欠いたり現実感がなくなっていくのですが、よくわかってらっしゃるという感じ。

また、絵柄は決して繊細な今風ではないのですが、表情がうまく描けているので、ヒロインがとても可愛らしく見えます。心理描写もばっちり。可愛いなあ、花生。

この先の展開も全く見えないので、続きも楽しみです。試し読みはこちら。〆

「駄能力JK成毛川さん」



駄能力JK成毛川さん 1 (ビッグコミックススペシャル)

おすすめコミック。菅森コウ著、やわらかスピリッツ連載中。

妖怪ちんげちらしのJK・成毛川蒔乃(なるもがわまきの)は、想い人里中くんの陰毛をゲットするために、彼の部屋で勉強会を行うことに。しかし、里中くんの部屋はきれいに掃除され、陰毛が見当たらない。あの手この手で里中くんの陰毛をゲットしようと奮闘するが……。

なんともくだらない能力を持った妖怪たちの、日常のような非日常を描いた作品です。ちんげちらしという発想がすごいですが、他にもヘンテコな能力を持った妖怪たちが登場します。

次第に里中くんを中心としたラブコメに発展していき、能力が関係なくなっていくのが惜しいですが、たまにとんでもない使われ方が発覚したりするところが面白い。

この手の作品はキャラが増えてなんぼだと思いますので、ヘンテコ妖怪をじゃんじゃん増やしていってもらいたいところ。

試し読みはこちら。〆