日別アーカイブ: 2013/03/23

「作者不詳 ミステリ作家の読む本(上)・(下)」

作者不詳 ミステリ作家の読む本 (上) (講談社文庫) (Amazon)

「厭魅(まじもの)の如き憑くもの」に続き二回目の紹介となる三津田信三(みつだしんぞう)著の怪奇推理小説です。

主人公である編集マン・三津田信三と友人の飛鳥信一郎が手に入れた一冊の推理小説「迷宮草紙」。七編の短編小説からなるこの本は、作者不詳、出自不明、読んだ者はすべて行方不明になっているという怪奇書。七編すべてが解答編なしの未解決事件で、その謎ときは読者に委ねるという構成になっている。

しかも。本を読み始めた二人を、本の内容に関連したさまざまな怪奇現象が襲い始める。各編の謎を解けなければ、本の呪いを受けて死ぬ。しかも期間は一週間。怪異の影に怯えながらも、二人は「迷宮草紙」の謎解きに挑む。

著者の作品すべてに言えることですが、推理小説として面白く、また怪奇小説としても楽しめ、かつ今回は推理小説を読んだ読者(主人公)の推理を、我々が読むという二重構成という工夫がされています。上下巻と結構なボリュームがありますが、短編×7なので案外さくさく読めてしまいます。

有名推理小説へのオマージュのようにも読めるので、推理小説が好きな人に特にオススメ。ただ、「迷宮草紙」の謎がすべて解けなければ、あなたに怪奇現象が降りかかるかも……〆

※この記事は2011/01/09に「Psychelia.com」に掲載したものです。