日別アーカイブ: 2013/08/31

「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル」

たまにはゲームレビュー。

Amazon等で酷評されていた作品。気になったので買ってみました。はっきり言って、オススメのゲームではありませんが、ジョジョが好きならそこそこ楽しめると思います。Amazon風に評価するなら★★☆☆☆。ファミ通風なら5、ファンなら6ぐらいか。

ジョジョシリーズのキャラクターが、原作の雰囲気、造形を崩さず立体化しているのは◎。あんな癖のあるタッチの絵をうまく3Dに落とし込んでいると思います。ここに文句はないどころか称賛に値します。スゲー。

格闘ゲームとしてはややテンポが悪く、攻略性ややり込み度は低い。特に中級~上級者には物足りなさを感じると思います。最近のゲームと比較すると、「スーパーストリートファイター4」のようなけん制と読み合いから生まれるシビアさはないし、「鉄拳」のような上中下段と距離の駆け引きもない。もちろん「デッドオアアライブ5」のような色気もない。比較的近いのは(ちょっと古いですが)「Fate Unlimited Codes」。これも実は大味なゲームなのですが、コンボゲーとして安定したので評価はそれなりでした(参考動画(YouTube))。

比べて本作は、ジャンプ攻撃が強く、対空技も少ないので、飛び込んで攻めまくるのが有利。コンボも連打で簡単につながるので(弱攻撃連打でキャンセル超必殺技まで出してくれる「ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ」方式)、大味感は否めない。否めないというか、操作していてつまらないので、個人的にはあえて利用していません。

また、スタンドを持つキャラクターがほとんどですが、本体の前に立つように重なるので、キャラクターの攻撃範囲および食らい判定が横2倍。つまりデブい。かつ、ジャンプが低いので、近づいて何か攻撃すれば当たる。接近戦はちょっと窮屈に感じます。一方で、スタンドのない1部や2部のキャラクターだと、スッキリしていて戦いやすいようです。派手さは欠けますが……。

ステージ中にはステージギミックがあり、特定の場所でダウンするとギミックが発動カウントダウン、一定時間後に何らかのギミックが発動し、射線上にいるとダメージを受けます。天井からぶら下がっているシャンデリアが落ちてきたり車に轢かれたり。これを避けるのが面倒くさい。攻撃・防御を中断してとりあえず逃げることもあり、ストレスになります。なくてもいい、なしにできるオプションがあればいいのに、ない。

ゲームの中核となるストーリーモードですが、部ごとにミニストーリー風になっていて、原作を知る人はあらすじを読むような感じ、そうでない人はちんぷんかんぷんかと思われますが、そこはそれ置いといて、対戦が始まるまでのロード時間が気になりました。十数秒ですが、待たされます。前述のスト4なんかはとんとん行くので、テンポが良かったのですが、強制的にあらすじを読み、しかも待つ、のが何かイヤ。何より恐ろしいことに、ストーリーとは関係なくランダムに敵が出現する「アーケードモード」的なものがないこと。練習と対戦以外でミスタやナランチャなどが使えません。ありえない。なお余談ですが、ミスタの弾丸の声は今井麻美でキャッハー。

あれ、気づけば悪口ばかりに。いや、格闘ゲームとしては今一つかもしれませんが、ジョジョファンは楽しめますよ、本当。キャラクターを動かしている分には楽しいし、爽快感も抜群です。ワムウとか変なポーズなのにカッコイイ。個人的にストーンオーシャンが好きなので、徐倫で暴れまわってるだけで楽しい。めくりっぽいジャンプ強攻撃→裏落ち→下段からのコンボとか、低空オラオラとか、昇りジャンプ攻撃→糸を伝って急降下→下段攻撃とか使い道なさすぎてどうしよう、みたいな方向で。

ま、ぼちぼち遊べるとは思います。が、何かを極めようとしてやるゲームではなさそうです。各人で見極めてください。〆