月別アーカイブ: 2016年12月

「ダンベル何キロ持てる?」



ダンベル何キロ持てる? 1 (裏少年サンデーコミックス)

おすすめコミック。原著サンドロビッチ・ヤバ子、イラストMAAM。裏少年サンデー連載中。

紗倉ひびき、17歳、高校二年生、趣味は食べ歩き。最近太り気味だと友人に指摘され、ダイエットのためにフィットネスジムに通うことにするが、入ったジムは格闘家も通う本格的な肉体トレーニング用のジムだった……。尻込みするひびきだったが、たまたま一緒に入会したお嬢様・奏流院朱美(そうりゅういんあけみ)や、さわやかイケメントレーナーに励まされ、一緒に筋トレ&ダイエットに挑戦することになった。

ダイエットのはずが筋トレになってしまったギャル女子高生の話。太り気味とはいえ、プロポーションはそんなに悪くなく、しかしスレンダーというわけでもなく、という体型のひびき。一方、朱美は抜群のプロポーションと肉体能力を持つものも、偏執的な筋肉フェチという、女子としては怪しい一面を持っています。

筋トレの実用漫画ではあるのですが、なぜか喘ぎ声を出したり、妙に露出が多いなど媚び要素を忘れていない健全図書。喜怒哀楽が激しいひびきの顔芸も見どころ。これだけ破顔するヒロインも珍しい。

色々と知識を得るうちに、なんとなく筋トレしなくてはと思わせてくれる作品。もうちょっとやせないと……。

試し読みはこちら。〆

「NKJK」



NKJK(1) (アクションコミックス(月刊アクション))

おすすめコミック。吉沢緑時著、月間アクション連載終了、全2巻完結。

西宝夏紀(さいほうなつき)と富士矢舞(ふじやまい)は、幼稚園のころからの大親友。仲良く同じ高校へ進学したが、富士矢が大病を患い入院してしまった。もう元の生活に戻れないかもしれないらしい。何か親友の力になれないか? 悩める西宝は、富士矢の母親から「娘を笑わせてほしい」と依頼される。人体には免疫力を高めるNK(ナチュラルキラー)細胞というものがある。そのNK細胞の力によって、娘を回復させることができるかもしれない、というのである。お嬢様育ちの西宝はお笑いというものがよくわからない、しかし親友のためならと、笑わせるためのお見舞いが始まった。

病気療養中の友人を笑わせるために、日々様々なネタを仕込み、お見舞いに行く、というお話です。しかし何分、そういったものに触れてこなかったお嬢様二人なので、世間で面白いといわれているものが、どうして面白いかも理解できません。演じる方も見る方も、ギクシャクした感じで、ネタの披露後に微妙な空気になるという失敗続き……。

実際にネタも寒いので、ほとんど笑えないのですが、本作はそれが狙いなので問題なし。笑わせることに苦戦する西宝と、よくわからないけれど友人のがんばりを受け止めてあげようという富士矢。二人の不思議でシュールだけど、実は熱い友情が見どころ。

一方で富士矢の病は徐々に進行し、回復の見込みがないことがわかってきます。そんな時に、西宝は笑いの研究なんてしていてよいのかと葛藤します。しかしそんな彼女を支えてくれる仲間たちに励まされ、今日もNK細胞を信じてがんばるのです。雲行き怪しい中、果たして奇跡は起こるのか?

全二巻完結です。試し読みはこちら。〆

「謎のあの店」



謎のあの店 1 (Nemuki+コミックス)

おすすめコミック。松本英子著、Nemuki+連載中。

街で見かけた変な店、特徴的な店、謎のあの店……。作者自身がそんな店に実際に行ってみよう、というルポエッセイ。路地裏の怪しげな店から、トンデモメニューのあのラーメン屋まで、謎の店多数。

「散歩の達人」という、街紹介の雑誌が好きなのですが、作者は昔その雑誌でイラストエッセイを描いていた松本英子氏(別作品「ステキな東京魔窟」に収録)。観光ガイドの内容とはまた違った、街を愛する人の雑誌です。理髪店にいくと、常備してある散歩の達人を読んでいたものです。結構濃い。まあ、それはさておき……。

謎のあの店では、飲食店を中心に、文字通り謎の店を取材するものですが、ガッツリ取材をするという感じではなく、ふらっと行ってみて、どんなもんかみてやろうかな、というゆるーいスタイルになっています。中には覚悟が必要な店もありますが、街歩きの延長にあるような形なので、読者は身構えずにゆるーく見ることができるのが大きな特徴。

著者がとんかつ買うのを見て、自分も買ってみたいと思ったり、なんだこの店行ってみたい! と思えるようなものが多数。普通のお店に飽きた人、ガイドに載らない隠れた名店(?)を知りたい人は是非お読みください。謎の店は、案外近くにある。

試し読みはこちら。〆

「兄の嫁と暮らしています。」



兄の嫁と暮らしています。(1) (ヤングガンガンコミックス)

おすすめコミック。くずしろ著、ヤングガンガン連載中。

両親を早くに亡くし、兄妹二人で暮らしてきた岸辺志乃(きしべしの)17歳。その兄も亡くし、今は兄の嫁の希(のぞみ)さんと暮らしている。血のつながりはないけれど、義姉と義妹として仲良く暮らす二人。面倒見がよく、きれいでとても優しい希さんだが、兄がすでに他界している今、いつまでも甘えていいものかと、志乃は今日も悩むのであった。

義理の姉と暮らす女子高生の物語。義姉・希さんはとにかくできた人で、義妹・志乃が不満を抱くところはない。いつでも優しいし、可愛いし、兄のことを好きだったことが随所に現れ、周りの人を幸せにしてくれるような素敵な大人の女性です。のろけが多いのが唯一の欠点か?

一方の志乃は、いたって普通の女子高生。希さんに頼りたいと思いながらも、あまり煩わせたくないと悩みます。例えばクラスTシャツを作るとき、皆が親にお金を出してもらう中、自分で工面してみたり。義姉との距離感を保とうとしますが、そんな想いも受け止めてしまう希さんに脱帽する日々。

二人の間にいるはずの、兄であり旦那が他界している中、二人の関係がどこまで続くのか、続けていってもよいのか? 自分たちが見ているのは、義姉を通してみる兄の面影、義妹を通してみる旦那の思い出ではないのか。本当は他人の二人の、近いような遠いような姉妹の絆が描かれます。

試し読みはこちら。〆