日別アーカイブ: 2018/01/29

「EVO JAPAN 2018」

2018/01/26(金)~1/28(日)、池袋と秋葉原にて、世界最大の格闘ゲーム大会「Evolution」の日本版、「EVO JAPAN 2018」が開催されました。出場者制限なし、プロアマ問わず、格闘ゲームが好きなら誰でも参加OK。大会のメイン種目以外にも、有志が会場の一部を借りて行うサイドトーナメントなどもあり、非常に盛り上がりました。

かくいう自分も、普段は大会に出る腕前もなければ余裕もなかったのですが、あのEVOなのだから、今回ばかりはとエントリーを決め、会場で戦ってきました。

ストリートファイターV部門に出場し、まあ、結果は、案の定、予選プール落ち(2連勝後2連敗で終了)だったのですが、会場の雰囲気というか、熱気は最高でした。あと、生まれて初めて海外勢と試合しました。ゲームセンターに行かなくなって久しかったので、久々に見た筺体や人だかりは、ちょっと涙が出そうなほどうれしく懐かしかったです。

サイドトーナメントでは、ヴァンパイアハンターで、漫画家の押切蓮介先生のタッグが優勝を決めるなど、異常に盛り上がっていましたが、スーファミのらんまでも大会が開かれているなど、中々のカオス空間。また、それらがすべて有志による運営、管理というところも素晴らしい。それぞれのゲームを愛し、大会を開こうというコミュニティが存在している限り、一生大会開けるということでもあり、当時の子供たちが、大人になっても情熱を維持していられるという事実もまた素晴らしい。

さて、メイン種目では、数多くの試合がありましたが、個人的なベストバウトは、「ストリートファイターV」最終日のルーザーズ、ときど(豪鬼)VSストーム久保(アビゲイル)。前シーズンで最強キャラクターと呼ばれた豪鬼を操るは、本家EVOの2017チャンピオン・東大卒プロゲーマーのときど。対するは、今シーズンから異常に強化されたアビゲイルを操る、ストーム久保。どこか憎めない愛されキャラの久保は、プロになったばかりで、最初の大舞台。きっちり結果を残して決勝へたどり着きました。

アビゲイルが強すぎることから、何かとヘイトを買いがちで、実際に試合の方も、一発のデカさと理不尽さを押し付けるアビゲイルが優勢となり、見ているこちら側も何となく、あーやっぱりか感。これで終わりかと思ったその時、起死回生の一撃から、ときど豪鬼が逆襲に転じる流れは美しい。久保もそう簡単には負けられない、一進一退の攻防の中、最後に勝ったのはどちらか?

参考動画はこちら

また、既報のように、優勝はインフィルことInfiltration選手。今シーズンから強化されたメナトとジュリを使い分け、緩急つけた攻防と、パナすときはパナす度胸、的確な状況判断で強敵を倒しての優勝となりました。一昨年は最強ナッシュでEVO優勝、昨年はジュリで苦戦し結果をほとんど残せず(最後の方すごかったですが)。今年は幸先良いスタートを切り、猛威を振るいそうです。

いやもう、同じメナトを使っていて、こうも差が出るもんだと感心しきりです。明日からまたランクマがんばろう。そして、来年は予選第一プールを抜けることを目標としてみる!〆