月別アーカイブ: 2018年4月

「この愛は、異端。」



この愛は、異端。 1 (ヤングアニマルコミックス)

おすすめコミック。森山絵凪著。ヤングアニマル嵐連載中。

両親を事故で失い、親戚中をたらいまわしにされた上で追い出され、天涯孤独の身になってしまった四宮淑乃(しのみやよしの)。死をも覚悟するが、ある日、本屋で見つけた魔術書で、悪魔ベリアルを呼び出すことに成功する。悪魔ベリアルは、契約により淑乃の生活を保証してくれるというが、代わりに月一度の愛撫を要求するという。淑乃は契約を受け入れ、悪魔と女の子の奇妙な関係の共同生活が始まる。

エロい。のはまあ置いといて。

本来なら処女を捧げて願いをかなえる、という流れなのが、淑乃の貞操観念の強さから、キスと愛撫に格下げして契約してくれたベリアル。淑乃はそれだけ高い価値の魂を持つ者とし、我が子を育てるように、大事に大事に淑乃の成長を見守ります。いつか淑乃の心を開き、自分のものにするために、普段は人間となって献身的に淑乃に尽くします。

一方、淑乃は、自分の世話をしてくれる悪魔ベリアルを、エロい、うざい、人間ではないのだ、と思いながらも、どこか憎めない男として認識しています。自分が年を重ね大人に近づくにつれ、徐々にエスカレートする愛撫にも、契約なのだからと、まんざらでもない様子。

そこに現れた、淑乃に好意を寄せる学生・旭。普通の人間との普通の恋愛に淑乃は心惹かれますが、ベリアルにしてみれば、いずれ魂を頂戴する自分の女に手を出してくる害虫。全力で恋路を邪魔するようになり、そのことに淑乃は傷つきます。自分はもう、普通の幸せを手に入れることができないのではないか……。しかし、その原因は自ら結んだ契約にあることで、さらに追い込まれます。

ベリアルを愛せない淑乃と、淑乃を愛さないベリアル。二人を結びつける契約はやがて、愛撫以上のものを求めるようになっていきますが……。

試し読みはこちら。〆

「メランコリア」



メランコリア 上 (ヤングジャンプコミックス)

おすすめコミック。「ニッケルオデオン」の道満晴明著。ウルトラジャンプ連載中。

地球に衝突するというメランコリア彗星。やがて人類は滅亡してしまうらしい。そんなメランコリアと、関係あったりなかったりする人たちの、不思議で奇妙な物語のオムニバス。

部屋で引きこもっているうちに、世界が滅亡を迎えていたことを知る少女。死んだら天国行きか地獄堕ちの選択を、飼い猫に裁かれることになってしまう。

死んだ小説家の代わりに、ゴーストライターをすることになってしまったメイド。小説を書き上げないと、部屋から出ることができない?

人を好きになるとは何か。恋焦がれすぎて、「好き」がゲシュタルト崩壊してしまった女子高生。好きという気持ちを取り戻すことができるのか。

メランコリア彗星激突の瞬間まで、生きていたいと望む病気の少女。その願いをかなえるために、彗星に最も近いところで彗星(=流れ星)に祈りをささげるが……。

などなど、個性的なオムニバス集となっています。それぞれの物語が微妙にリンクしているのが特徴。上巻となっているので、下巻ないし中巻・下巻の構成になりそうです。ニッケルオデオンが似たような構成で成功しているので、ぜひ今回も続いてほしいところ。

試し読みはこちら。〆

「魔王立中ボス養成アカデミア」



魔王立中ボス養成アカデミア(1) (アース・スターコミックス)

おすすめコミック。馬かのこ著、デジタル版コミックアース☆スター連載中

勇者を倒すため配置された、通常のモンスターより強いモンスター・中ボス。しかし、勇者に次々と倒されてしまい、より強力な中ボスを輩出しなければならなくなってしまった。そこで、とある優秀な魔物が提唱し設立された学校、それが「魔王立中ボス養成アカデミア」である。

中ボス、という何とも中途半端な存在を養成し、世に送る出す学園もの。ただ、校長兼教官のクラリッサ3世(仮名)が優秀すぎるため、魔王を凌駕するほどの実力の生徒たちが生まれつつあるというコメディ。

魔王様が視察に来た際は、弱そうなメイジが、山を吹き飛ばすレベルの最強魔法で魔王様を脅かし、授業の一環で製作したダンジョンでは四天王をボコボコにする、というとんでもない生徒たち。その生徒たちを育てる教官は、実は弟想いの魔王様の姉。かなりブラコン入ってますが、まーくん(魔王様)のために、日夜生徒たちを鍛え続けるのでした。魔王様より強くなるほどに……。

どこまで強くなるんだ中ボス候補。純粋な姉の愛に耐えられるか魔王。そして多分勝てないぞ勇者。

試し読みはこちら。〆