「月曜日は2限から」



月曜日は2限から 1 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)

おすすめコミック。斉藤ゆう著、ゲッサン(月刊少年サンデー)にて連載中。4コマ漫画。

校則が厳しいことで有名な宝成高校。不良生徒などはいない、はずであったが……。一般的な学生・居村草輔(いむらそうすけ)は、登校中、金色に髪を染め制服をだらしなく着崩した女子生徒・咲野瑞季(さきのみずき)に出会う。なんとなく彼女に関わってしまったばかりに、「更生の世話係」または「悪友」として、学校生活を共にすることになる。

はなから校則を守ろうとせず、さらに自堕落というヒロイン瑞季と、その瑞季を嫌いにはなれず、彼女のせいでトラブルに巻き込まれても、口八丁手八丁で先生を説得してしまう居村君。そこに真面目な風紀委員長、吉原依智子(よしはらいちこ)が加わり、ゆるやかな学園生活の中で、校則を守らせることを中心としたストーリーが展開します。

基本的には全然守らない上に、屁理屈をつけてうまいこと回避しようとする、知恵比べのような様相を呈しています(まあ、それでも結局怒られる)。その間の会話劇や、とらえどころのない、ひょうひょうとしたヒロインの態度が面白い。

更生の面倒をおしつけられた居村君も、更生させる気はさらさらなく、観察者のような立場でいるのも良い感じに。次は何やるんだろうこいつ……的な立ち位置で、瑞季の言うように悪友として機能しています。必要な時にフォローをいれてくれたり、クラスでは浮いた感じのヒロインの話し相手になってあげるのも彼。

一方、風紀委員長である依智子は、瑞季を更生させるために尽力します。居村君の助けを借りながらも、毎回なんとかしようとしながらも、まったく成果があげられない、という苦汁の日々。根はやさしく、瑞季を心配してのことですが、あわれ優しさがいつも裏目に。

基本的には仲の良い友達関係の3人ですが、巻が進むにつれ、登場人物の関係性にも徐々に変化があらわれ、第6巻では瑞季に非常に大きな変化が現れます。それが何かは読んでみてのお楽しみ。

試し読みはこちら〆。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)