「ねじまきカギュー」

ねじまきカギュー(1) (ヤングジャンプコミックス) (Amazon)

オススメコミック。中山敦支著、ヤングジャンプ連載中。

新米教師・葱沢鴨(ねぎさわかも)は、ヤバい系女子に好かれる女難体質の持ち主。ある日の通勤中、不良少女に絡まれた彼の元に、先生を守るという謎の少年・鉤牛十兵衛(かぎゅうじゅうべえ)が現れる。圧倒的なパワーで不良少女たちをのしてしまう十兵衛であったが、なぜ鴨先生を助けたのかは告げず、逆に決して己(オレ)には近付くなと言う。果たして彼の正体は……。

ネタバレする前に、試し読みはこちら。

以下、ちょっとネタバレ。鉤牛:カギューちゃんは女の子。幼いころ、いじめっ子から自分をかばってくれた愛する鴨先生のために戦います。見た目は滅茶苦茶硬派ですが、中身は乙女一直線の可愛い女の子です。作中でも特に強調されており、普段は目つきの悪いカギューちゃんが、恋する乙女モードになるとキラキラお目々の美少女に早変わり。

他のキャラクターも基本的に危険な娘たちばかりですが、乙女スイッチが入るとがらりと表情が変わるのが特徴的。愛ってすごい。

バトルも何だか分からないがやたら熱い展開のオンパレードで、カギューちゃんの無尽蔵の愛のパワァーに圧倒されること間違いなし。愛の力は無限大。面白いから是非読め。〆

※この記事は2012/03/21に「Psychelia.com」に掲載したものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)