「やさしいセカイのつくりかた」

やさしいセカイのつくりかた 1 (電撃コミックス)(Amazon)

オススメコミック。竹葉久美子著、電撃大王ジェネシス連載中。

飛び級でアメリカの大学に入学し、在学中の論文が認められ研究プロジェクトを立ち上げた青年・朝永悠、19歳。しかしプロジェクトはとん挫してしまい、日本に帰り女子高の講師をすることに。

朝永の初出勤の際、校舎裏で一人、高度なフーリエ変換の方程式を解いていた少女・武藤葵を見つける。彼女もまた朝永と同じく天才と言われるものであったが、何故か周囲には内緒にし、普通の学生として過ごしていた。一方、かつて手を出してきた教師を糾弾し退職に追い込んだ少女・草壁ハルカは、勘違いから朝永を女の敵を思いこみ、何かとちょっかいを出してくるのであった。

天才すぎる青年と少女の苦悩を描いた青春ストーリーです。帯にある”ギフテッド”とは、先天的に特異な才能を持つ者、天才のこと。ギフテッドでありながら、ある理由によって普通に見られるように才能をひた隠しにする葵。朝永はそんな葵を歯がゆく思い、実力にあった教育をさせてあげたいと誘いますが、葵はそれを拒否します。ただし、手に入らない高度な学術書は借りていきます、というツンデレぶり。そこに問題児のハルカが絡んでくるロマコメ要素付きです。

なんだか煮え切らない人たちがたくさんでてくるお話で、特に自分の気持ちを抑えまくっている葵がいつ大爆発するのかが楽しみな一面怖ろしい作品。時限爆弾を愛でて育てるような感じ。年頃の女の子は怖いわ……。

試し読みはこちら。〆

※この記事は2011/12/26に「Psychelia.com」に掲載したものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)