「さんかれあ」

さんかれあ(1) (少年マガジンコミックス)(Amazon)

オススメコミック。「ケンコー全裸系水泳部 ウミショー」のはっとりみつる著、 別冊少年マガジン連載中。

ゾンビ娘萌えという危険なジャンルの作品です。生きた女にキョーミないというアホな主人公と、瞳孔が開きっぱなしのゾンビ娘のラブコメ。

ゾンビ映画好きの主人公・降谷千紘(ふるやちひろ)は、死んでしまった愛猫ばーぶを蘇らせるため、夜の廃墟で怪しげな実験を繰り返していた。実験が元でお嬢様学校の令嬢・散華礼弥(さんかれあ)と知り合うことになり、二人は協力して蘇生薬調合を行うが、とある事件のせいで礼弥が死んでしまう。しかし、礼弥が死ぬ前に服用していた蘇生薬のおかげでゾンビとして復活!

ネタばれになるので多くは語れませんが、礼弥にはゾンビ、というか死者ゆえのハンディーがあり、それを補うべく主人公が奔走します。放っておくと本当に死んでしまうので、いや死んでるんですが、肉体的な意味で消失してしまうので、ケアは怠れません。

また過保護に育った令嬢ゆえのガードの甘さ、無邪気さで色々と問題を起こします。娘ラブのお父様との確執があったり。

ウミショーが面白かったと思える人は読んで損なし。ゾンビ好きじゃなくても楽しい作品です。〆

※この記事は2010/10/12に「Psychelia.com」に掲載したものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)