「城下町のダンデライオン」

城下町のダンデライオン (1) (まんがタイムKRコミックス)(Amazon)

オススメコミック。ライトノベルの表紙や挿絵で活躍している春日歩(かすがあゆむ)著、まんがタイムみらくキララ連載中。

11人家族の大所帯、櫻田家は国を治める王家の一族。父の国王を初め、後継ぎとなる9人の兄弟姉妹はそれぞれ特殊な能力を持っている。例えば三女の茜の場合、自身と触れた物の重力を制御し、自由に空を飛ぶことができる能力・重力制御「グラビティコア」。彼女ら王族の安全を保証するため、街のいたる所に監視カメラが仕掛けられているが、目立つことが大嫌いな人見知りの茜は、今日も必死にカメラを避けて登校するのだった。

監視カメラの設置理由はもう一つ。それはTV番組「今週の櫻田家」の放送のため。文字通り王家の活動記録を放送する番組で、兄弟姉妹の中から次期国王を選ぶ選挙のための宣伝に使われています。より活躍し人気を集め、次期国王を目指し兄弟が切磋琢磨する……はずなのですが、三女の茜を筆頭に、父国王の後を継ぎたいという兄弟がほとんどいないというあり様。

ヒロインは一応茜ですが、第二話以降は彼女の兄弟姉妹のエピソードが中心。各々の特殊能力が巻き起こすドタバタと、選挙戦を絡めたストーリーになっています。

個人的に、次女の奏(かなで)がお気に入り。莫大な貯金と引き換えに、古今東西、未来のものでも自由に生成できる能力・物質生成「ヘブンズゲート」を持つ彼女。何でも生成できる半面、思いついたら勝手に生成してしまうために、常に貯金に気を付けておかないと破産してしまうという危険な能力。数少ない、国王を目指す兄弟姉妹の一人。がんばれ。

試し読みはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)