「モコと歪んだ殺人鬼ども」

モコと歪んだ殺人鬼ども 1 (フラッパーコミックス)(Amazon)

オススメコミック。反転邪郎(はんてんしゃろう)著、月刊コミックフラッパー連載中。

警視庁の地下3階、三畳一間の子供部屋、そこに暮らす少女・泡沫(うたかた)モコ。見た目は子供、しかしその正体は、天才を越えた天才、ハイギフテッドと呼ばれ、難事件をいくつも解決してきた特別犯罪捜査支援室巡査部長(22歳)。新たに配属された新人刑事・灰島柩(はいじまひつぎ)とともに、奇妙で異常な事件の謎解きに挑む。

子供の様な容姿と言動ですが、洞察力、推理力に優れ、実は天才捜査官のモコ。相棒となるのは、配属されたばかりの新人で、何かと付きまとってくるモコをうっとうしいと感じつつも、その才能を認め共に捜査する青年灰島。二人の凸凹バディものです。

扱うのが異常犯罪なので、結構グロい描写もあります(精神的にも肉体的にも)。そんな犯罪を一見子供の様なモコが解決していく、という点が特異な作品。

設定上、モコは22歳になっていますが、現職の警察官ということでリアリティを持たせた結果なのだろうか。この手の作品だと、十代の少女探偵という肩書でも成立しそうではあるので珍しい。警察内でも腫れもの扱いされていることもあり、この辺りの設定は後に活きてくるのかもしれないです。

試し読みはこちら。〆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)