タグ別アーカイブ: ゲーム

「EVO JAPAN 2018」

2018/01/26(金)~1/28(日)、池袋と秋葉原にて、世界最大の格闘ゲーム大会「Evolution」の日本版、「EVO JAPAN 2018」が開催されました。出場者制限なし、プロアマ問わず、格闘ゲームが好きなら誰でも参加OK。大会のメイン種目以外にも、有志が会場の一部を借りて行うサイドトーナメントなどもあり、非常に盛り上がりました。

かくいう自分も、普段は大会に出る腕前もなければ余裕もなかったのですが、あのEVOなのだから、今回ばかりはとエントリーを決め、会場で戦ってきました。

ストリートファイターV部門に出場し、まあ、結果は、案の定、予選プール落ち(2連勝後2連敗で終了)だったのですが、会場の雰囲気というか、熱気は最高でした。あと、生まれて初めて海外勢と試合しました。ゲームセンターに行かなくなって久しかったので、久々に見た筺体や人だかりは、ちょっと涙が出そうなほどうれしく懐かしかったです。

サイドトーナメントでは、ヴァンパイアハンターで、漫画家の押切蓮介先生のタッグが優勝を決めるなど、異常に盛り上がっていましたが、スーファミのらんまでも大会が開かれているなど、中々のカオス空間。また、それらがすべて有志による運営、管理というところも素晴らしい。それぞれのゲームを愛し、大会を開こうというコミュニティが存在している限り、一生大会開けるということでもあり、当時の子供たちが、大人になっても情熱を維持していられるという事実もまた素晴らしい。

さて、メイン種目では、数多くの試合がありましたが、個人的なベストバウトは、「ストリートファイターV」最終日のルーザーズ、ときど(豪鬼)VSストーム久保(アビゲイル)。前シーズンで最強キャラクターと呼ばれた豪鬼を操るは、本家EVOの2017チャンピオン・東大卒プロゲーマーのときど。対するは、今シーズンから異常に強化されたアビゲイルを操る、ストーム久保。どこか憎めない愛されキャラの久保は、プロになったばかりで、最初の大舞台。きっちり結果を残して決勝へたどり着きました。

アビゲイルが強すぎることから、何かとヘイトを買いがちで、実際に試合の方も、一発のデカさと理不尽さを押し付けるアビゲイルが優勢となり、見ているこちら側も何となく、あーやっぱりか感。これで終わりかと思ったその時、起死回生の一撃から、ときど豪鬼が逆襲に転じる流れは美しい。久保もそう簡単には負けられない、一進一退の攻防の中、最後に勝ったのはどちらか?

参考動画はこちら

また、既報のように、優勝はインフィルことInfiltration選手。今シーズンから強化されたメナトとジュリを使い分け、緩急つけた攻防と、パナすときはパナす度胸、的確な状況判断で強敵を倒しての優勝となりました。一昨年は最強ナッシュでEVO優勝、昨年はジュリで苦戦し結果をほとんど残せず(最後の方すごかったですが)。今年は幸先良いスタートを切り、猛威を振るいそうです。

いやもう、同じメナトを使っていて、こうも差が出るもんだと感心しきりです。明日からまたランクマがんばろう。そして、来年は予選第一プールを抜けることを目標としてみる!〆

「いつかみのれば」



いつかみのれば1 (百合姫コミックス)

おすすめコミック。西あすか著、コミック百合姫連載中。

総合格闘家の父を持つ女子高生・揺篭みのる(ゆりかごみのる)。ある日突然、父親の夢をかなえるために、一緒にラスベガスへ引っ越すことになってしまう。しかし、たまたま通りすがったゲームセンターで、自分と同じ学校の格闘ゲーマー少女・四条と出会い、ゲーマーとしての才能を開花させる。みのるは、自分の才能を見込んだ四条から強く引き留められ、両親と離れ日本に残ることとなった。以降、二人で切磋琢磨し、最強のゲーマーを目指していくが……。

なんと百合姫で掲載している、比較的本格的な格闘ゲーマー漫画。一応ヒロイン二人は百合なのか……!?

格闘ゲーム大好きな四条が、才能はあるが知識はないみのるを、いっぱしの格闘ゲーマーに育てるお話。ただ、そこまで本気でゲームに打ち込む気のないみのるは、四条の押し付けやガチっぷりに戸惑います。二人の気持ちは離れかけますが、四条の真摯な気持ちを受け入れ、みのるは成長していきます。やがて、強敵(ライバル)の女子ゲーマー・ZTTに出会い、彼女を倒すことを目標に、二人で協力して格闘ゲームに取り組むことになります。

ライトなノリなのかなと思ってみてみると、フレームの説明などがガッツリ見開きでされていたり、格闘ゲームをする上に、初心者がぶち当たる壁や不文律を細かく描写しています。好きではなく強いキャラクターを選べと言われて、混乱するみのるなどがそれで、他にも格闘ゲームあるあるが多々あり、格闘ゲームが好きな人はかなり楽しめます。空中コンボをくらったみのりのセリフ「私のキャラが…ずっと空を飛んでる…」は個人的にかなりツボ。

二人がプレイするゲーム「アイアンキャットデストロイヤーズ7 GODDESS REVELATION」は、おそらく「鉄拳7」をモチーフにしていると思われ、知っている人はニヤリとするような技なども使われています。実は父親が関わっていたくだりなどは、確かになくはないなと納得。みのるがゲームを続けるモチベーションとしては最高の理由となりますが、その理由は中身を見て確認していただきたい。

試し読みはこちら。〆

「けものフレンズ」についての感想(後半)



ねんどろいど けものフレンズ サーバル ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
グッドスマイルカンパニー(GOOD SMILE COMPANY)

……実は放送中に感想(前半)を書いていて、終わったら後半をやろうとして完全に忘れてました。
ねんどろいどサーバルが届いて思い出したので、ブームがほぼ過ぎ去っている今、あえて感想戦後半。
ま、対した内容じゃないので、ジャパリパーカーの思い出話だと思ってみてください。

※前半の感想振り返り(第六話まで)はこちら

前半で謎となっていた部分が徐々に解き明かされ、予想通りかばんちゃんはヒトだとわかった第7話「じゃぱりとしょかん」。

アプリの図書館はラノベや攻略本やら民明書房もどきが置いてある中々カオスな場所でしたが(参考)、アニメではいたってまじめな場所。そして同じく大活躍した博士と助手が登場と、なかなか楽しいお話でした。この二人は性格まんまでしたね。

そしてそこで作ったのはカレー。ちゃんと肉なし料理で一安心(流石に牛肉とかだと色々なあれが)。アニメ全編通して、食べ物がこのカレーとアルパカの紅茶とジャパリ饅頭ぐらいで、味気なかったのは仕方がないけどちょっと残念。

というのも、アプリはイベントごとの回復アイテムが、毎回何らかのお菓子やら飲み物だったので、もうメニューがこれしかないんかい、というパークの退廃感を余計感じて寂しい。……そういえば、オオカミグループの時に出てきた回復アイテム「赤ずきんタルト」を、ガチで作った人がいました。多分、ツイッターで検索かければ出てきます。完全再現していたはず。

第8話「ぺぱぷらいぶ」は、ごめんなさい、本当に声優かこの娘らは? ……と思ってましたが、それなりの演技はできていて驚きました(失礼)。芸達者なマーゲイに助けられている印象はありましたが、キャラは出てたのかなと。その後のMステ出演など、だいぶ背伸びしつつも活躍中で何より。二期もあることだし、がんばってもらいたいものです。できれば、演技も磨いてもらいたいところではありますが。

なお、PPPの初代は4人とのことで、これがPIP(Penguin Idol Project)の4人だとすると、二代目の3人時代ってなんじゃろ? という疑問を残してくれてます。考察班の楽しみはまだまだありますね(ちなみにアプリにはロイヤルもジャイアントペンギンもいませんでした)。

第9話「ゆきやまちほー」。泣きますわ。2ch名物のキタキツネおじさんではありませんが、キタキツネとギンギツネのコンビが好きでして、こいつらは登場するたびに二人で仲良く何かやってるのがほほえましいのです(参考)。そして、ゲーマーのキタキツネがプレイしようとしていたゲームのBGMが……アプリ版のオープニング曲♪ のちにパレード曲にも使われていますが、大変懐かしゅうございました……。

第10話「ろっじ」以降はネタバレ回避のために、言動気を付けていきます。がっつり登場しだすパークガイドさんは、アプリ版のナビゲーター役、ミライさんです。隙あらば動物解説。会話パートの際の、ちょっとやばいぐらいの「けもの愛」を持つ人として有名ですが、戦闘中もこの人がしゃべり続けてました。敵撃破時の「パッカーンと撃破です!」、敵のスキル?使用時の「危ない! バックバック! 回避~!」が妙に耳に残ってます。ガチャで★5確定時は、「出会えた奇跡に感謝しましょう!」というセリフを言ってくれたり(アニメでも、とあるシーンで言ってましたね)。

迷推理「あなたはヤギね!」のアミメキリンの声優・野中藍さんは、アプリ版のサーバルということで、実は夢の邂逅です。夢と言えば、タイリクオオカミお姉さまの怖い話に出てくるのは、夢の中イベントで出てきたユメリアンのことかも(参考)。レイドボスを倒し続けて、大量の枕を集めるという、カオスなイベントでした。まあ、芋ほりをはじめ、アプリのイベントはぶっ飛んでるものが多かったので、いたって平常運転ではあったのですが(ちなみにアプリは、イベントタイトルに「みんなで」とついているのがレイド)。

第11話「せるりあん」。さらっと「最初から野生解放で行くぞ!」というワードが出てきますが、これはアプリ版では限界突破のことでした。方法は同じキャラの獲得か専用アイテムの使用。★3フレンズでも野生解放を繰り返して強くし続ければ、★5初期よりも強くなるという。イベント入手のフレンズは、イベント中に何度も獲得して、野生解放させていくのがセオリーでした。

「四神(ししん)」。ゲンブが好きだった思い出。ジェラシーが原因で吹雪を起こし、その結果PIPにのされるというへっぽこっぷりが良い。セイリュウがアホみたいに強かったのですが、毒が有効なのが分かると、なんとか倒せるぐらいになっていたかと。セイリュウの会話パートは、フレンズ間ではあまり見ない口論が発生していて印象的でした。センちゃん格好いい。

第12話「ゆうえんち」。予想していた結末とはちょっと違ってました。もっと分からないことだらけで、話が散らかって終わると思ってましたが、おおよその伏線に区切りをつけ、次へつながる形にしてくれたのは良い。

かばんちゃんの秘密は大方の予想通りですが、出現の原因はちょっとはずれ(ヒトの想い出から生まれた、とかその辺考えてました)。というか、髪の件は、色々と倫理的にまずいんじゃいかしら、という危惧を抱かざるを得ず。サンドスターの力さえあれば、量産できるってことなのでは……。まままま、サンドスター自体が未知の物体なので、謎は逆に深まったのでよしということで。終わりよければすべてよし! わーい、たーのしー!!

最後に、元アプリ勢として、アニメ第二期にむけて期待することを何点か。
・親友のカラカル出してあげて……(アニメでは、サーバルの親友枠がかばんちゃんに奪われたため出番なし)
・ハクトウワシ、タカとか、タカ系の猛禽類出してあげて……(レッツ、ジャスティス! キャラは立っているので使いやすいのでは?)
・ルプ姉(セーブルアンテロープ)とルペラ(グアダルーペカラカラ)出してあげて……(個人的に好き)
アプリ版はやたら鳥系のフレンズが多いが特徴なので、ちょっとはかまってあげて欲しいところ。

監督問題で色々もめてましたが、商業に寄りすぎた作品にならないことを祈ります。少数精鋭で作ったからこそ、荒はあるけど独創的な作品になったと思うので。製作陣が変わっても、土台を変えなければ、近似かつクオリティアップという続編の命題は達成できるはず。はず、はず……。思い切って主人公変えてもよし、時代を変えてもよし、ただし、ジャパリパークの物語であってほしい。「野生」を失ってしまうと、とたんに動物としての魅力が薄れてしまうので、そこだけはがんばっていただきたい! 〆。

追伸
アプリ版のストーリーは有志がまとめてます。
以下参考のほど。
特にメインストーリーは必見!
イベントはゲームのWikiなどで順番を調べてから、順番通りに見た方がよいです。
キャラクターがどんどん追加されていくので、バラバラに見ると混乱する可能性ありです。

アプリ版けものフレンズメインストーリー&裏ストーリー
http://www.nicovideo.jp/mylist/58366323

青年のけものフレンズ動画 ストーリー(イベント関連)
http://www.nicovideo.jp/mylist/58696850

アプリ版けものフレンズ(イベント関連)
http://www.nicovideo.jp/mylist/58729037

※個人的なおすすめは、節分の時のイベント
http://www.nicovideo.jp/watch/sm31030441

「被虐のノエル」



被虐のノエル 1 (MFコミックス ジーンシリーズ)

おすすめコミック。原作:カナヲ、漫画:しゃもじ。月刊コミックジーン連載中。

父母をピアニストにもつ、名門の令嬢ノエル・チェルクェッティ。大事なピアノコンクールに向け猛練習し、本番でも完璧な出来だったが、自分よりも下と思っていた友人に敗れ、栄光の式典奏者(グランプリ)を逃してしまう。納得いかないノエルは、主催者の一人であるバロウズ市長にほのめかされ、式典奏者になれなかった真相を知りたければ、午前2時に廃ビルへ来るように言われる。不信をいただきながらも、コンクールの真相を知るために廃ビルへ向かうが、そこで悪魔を呼び出す儀式に利用されてしまう……。

原作は電ファミニコゲームマガジンに掲載されているフリーゲームで、ノベライズもされています。

ノエルは悪魔との契約で、両手両足を切断され、さらに自分を利用した組織に、海に捨てられて殺されてしまいます。しかし、この悪魔との契約は、悪魔側も騙されて契約したものとなったため、怒った悪魔はノエルを助け、復讐を手助けすることになります。

そんな経緯で、世にも奇妙な悪魔と四肢のない令嬢のタッグが結成され、巨悪と戦うこととなりました。義足をつけ何とか歩けるノエルを、万能な悪魔が支え、互いの利益のために協力します。はたしてノエルは復讐を果たし、目的を遂げることができるのか。

試し読みはこちら。〆

「けものフレンズ」についての感想(前半)

たまには、アニメの感想でも。巷で話題のアニメ「けものフレンズ」について。

~あらすじ~(公式サイトより)
この世界のどこかにつくられた超巨大総合動物園「ジャパリパーク」。そこでは神秘の物質「サンドスター」の力で、動物たちが次々とヒトの姿をした「アニマルガール」へと変身――! 訪れた人々と賑やかに楽しむようになりました。しかし、時は流れ……。

ある日、パークに困った様子の迷子の姿が。帰路を目指すための旅路が始まるかと思いきや、アニマルガールたちも加わって、大冒険になっちゃった!?

現在第6話まで進行中、結構がっつりアプリ版をプレイしていたので、設定の違いに戸惑いつつ、楽しんでおります。
ヒット作なので、各話の細かいあらすじは省きます。他所で探してみてください。

正直、最初はサーバル以下、素人みたいな声優はなんとかならんかったのかと、イライラしながら見てましたが、それはこういうもんなのだ、と悟ってしまえばまあ大丈夫に(サブキャラは逆に精鋭声優揃いで安心)。

ジャパリパークの開園前だったアプリ版と異なり、ジャパリパークは開園後、しかもどうやら人類滅んだっぽい? 演出やプロットとなっているため、いやでも「猿の惑星」を思い出す感じになっています。
Twitterでは「#けものフレンズ考察班」なるタグもでき、このフレンズしかいない荒廃した(?)世界はどのようにできたのかなど、文字通り考察がされていて、楽しめます。明らかに深読みなのに、案外読めてしまうところが素晴らしい。

さて、コミック版も含め、この作品の厄介なところは、同一素材を元にした別作品と思われるのに、設定の一部だけ重複させるなどして、鑑賞者を混乱させる点です。
まあ、そこが面白い点でもあるのですが、例えば「トキ」は、アプリ版もコミック版もアニメ版を「音痴」という点で統一されていますが、「キタキツネ」はアプリ版では儚げな感じのキャラクターだったのが、コミック版ではツンデレで小生意気なキャラクターになっていたり、外見と中身を変えてきています。

アプリ版とアニメ版で比較すると、パークガイド(ミライさん)の被っていた帽子と同じデザインのものを、かばんが被っていること、また両者とラッキービーストの声は同一声優(内田彩)であることが共通点ですが、それならサーバルはそれを知っているはずなので、矛盾が発生するなど、混乱の種が多々あり。また、アライグマとフェネックが何かの目的のためにサーバルを追っている、というのも同じ(アプリ版はかばんではなくセーバルを追撃)。

合わせて世界観を考えていくと、ジャパリパークについては、アプリ版はセルリアンのせいで開園できない、コミック版では開園しており来園者も多い、アニメ版では人間の姿がなく荒廃している、と三者三様。時系列があるんだかないんだか。

これらの事象についての解は、手塚治虫作品や「舞-HiMEプロジェクト」などの「スターシステム(同一人物が別作品でも登場するが、見た目や名前が同じだけで別人扱い)」を採用していると思われるので、メディアは関係なくすべて別人物別世界……としてしまえばよいのですが、ここで一つ問題が。

アプリ版の配信が終わってる=ジャパリパークが崩壊した?

そんなことがあり、時系列が実はあり、終了したアプリ版の続きでは? 説が浮上してくるのですが、それもまた矛盾を残しているためにありえない感じです。
なぜなら……アプリ版は超ハッピーエンドで終わるから……。

ストーリーもサービスも、大団円で終わっているので、これをアニメ版で壊すようなことは、さすがにしてこないんじゃないかと推測してます。
完全無料化(ようするに事実上のサービス撤退)した後、過去イベントが全部解放されて、二週目のストーリーまであり、親密度も追加され、これでもかと遊びつくした後、アニメの発表とともに消えていったので、今まで費やしたお金は……とか、ヘイトをためるユーザーもほとんどいなかったはず。強すぎたセイリュウ以外。

でも実はあの後ジャパリパークが滅びました、では悲しすぎる……。
逆に、その設定だったら、もうすごいとしか言いようがない。そのためにアプリ版閉じてたら、プロジェクトとしてのこだわりに脱帽するしかないでしょう(そしてちょっと期待している)。

まだまだストーリーは途中なので、今後の展開踏まえて、注目してみようと思います。感想(後編)はアニメ終了後に載せようかと思います。〆

追伸
アルパカはかわいい。
方言といい所作といい、近年ないかわいさ。素敵。