タグ別アーカイブ: サバイバル

「旧約マザーグール」



旧約マザーグール (上) (下) (リュウコミックス)

おすすめコミック。「昭島スーサイド☆クラブ」の菅原キク著。アーススターにて連載終了の「HOLYHOLY」の新装版。

“その無人の島に最初に辿り着いたのは、目も耳も不自由な一人の乙女と、14人の生まれたばかりの赤子だけだった”

豪華客船で行く、聖エルレシアン女学園の修学旅行。突然の事故により船が沈没してしまったが、何とか生き残った少女たちは、無人島と思しき島へ流れつく。優等生・草間トリノと優しい友人・小井戸ひな達生徒は、家に帰ろうと、島を探索するうちに、巨大な目を持つ異形の怪物に遭遇してしまう。この怪物は何者なのか、この島から逃げ出すことはできるのか? 少女たちのサバイバルが始まった……。

旧題「HOLYHOLY」、コミックリュウWebにて連載中の「マザーグール」のアナザーストーリーです。登場人物が共通となるため、どちらも同じ時間軸ですが、違ったストーリーが展開します。

ちょっと百合めな無人島でのサバイバルホラーで、敵の正体が良くわからないまま、逃げろ逃げろで展開します。物語と並行して、おそらく怪物の祖となったであろう、目も耳も不自由な乙女とその子供たちの伝承が語られ、この怪物の正体に迫っていきます。なぜ怪物は少女たちを襲うのか、どうすれば逃げ切れることができるのか、が注目ポイントです。

登場人物がみな個性的で、キャラが多いわりに書き分けができているところに好感。また、お嬢様ゆえの楽天的な発想で危機感が欠如していたり、仲間内のトラブルや独断専行での失敗など、やってはいけないようなことを率先してやらかしていきます。このままじゃ全滅必死。その中で、唯一現実感のある主人公のトリノが、仲間たちを引っ張っていきます。しかし彼女にも弱点があって、ままならないことも……。

ストーリーは完結せず、そのまま「マザーグール」へと解決編は引き継がれます。漂流した別のグループの話となりますが、トリノたちに合流して戦う形になったらうれしい限り。はたしてどうなるか、そういった面でも非常に楽しみです。

試し読みはこちら
「マザーグール」はこちら〆。

「ミミック」

ミミック (マジキューコミックス)(Amazon)

オススメコミック。山田いぶき著、「amaro」および「マジキューコミックスWeb」連載終了。

クラスで噂の深窓の令嬢・姫小松にしき。入学式に毛皮のコートで現れ話題をさらうと、自家用クルーザーを持っているとか、使用するものはすべてお抱え職人の特注品だとか、さまざまな噂が飛び交うも、真相は謎。ある日、たまたま帰りが一緒になったクラスメイト・万(よろず)星彦が、彼女の後をつけていくと、そこには猪と戦う姫小松の姿があった……。

もう、表紙のまんまです。見た目は可憐な女の子ですが、学校帰りに巨大な猪をボウガンで仕留め、その肉を担いで洞窟(家)へ持って帰り調理。「山賊ダイアリー」にも通ずるところがある、獣狩り漫画です。その他、野草の調理などサバイバリティあふれる一冊。

ヒロインの可愛さと戦闘力(サバイバル力)のギャップ萌えが魅力。偽装バイオリンケースの中にFN
P90
ボウガンとナイフ(銃刀法違反)を仕込むセンスが素晴らしい。お嬢様ではないですが、山生活で世間ずれしているために、一般生徒との会話にさまざまな齟齬が生まれて笑いになっています。調理実習のための鳥肉をかってくるエピソードでは、その世間ずれが最高潮に達します。アホだ。

惜しむらくは、1巻完結のために、キャラクターの掘り下げが追いつかなかったこと。結局何でサバイバル生活をしているのか不明。描ききるためには連載期間がちょっと短かったか。連載誌に恵まれなかったこともあり、もう少し安定した雑誌だったらと悔やまれる。できれば、このまま続きを描いて欲しいところです。試し読みはこちら