タグ別アーカイブ: バディ

「転生したら剣でした」



転生したら剣でした (1)(バーズコミックス)

おすすめコミック。原作:棚架ユウ、作画:丸山朝ヲ、キャラクター原案:るろお。デンシバーズ連載中。

名もなきオタク会社員である主人公は、交通事故にあい命を落としてしまう。不幸な人生を終えた彼が目を覚ますと、そこは異世界、自分は剣の姿になっていた。剣の姿のまま動き回れることを知った彼は、周囲の敵を斬って斬って斬りまくってレベルを上げるが、魔力を吸われる森で動けなくなってしまった。そこに通りかかったケモ耳の少女・フランに助けられ、フランの夢のため、ともに戦うことに……。

タイトルまんまの話です。剣となってしまった主人公は、へこたれることなく、剣の成長の仕組みを理解し、周囲の敵を倒して着々レベルを上げ、やがて近郊をすべて制圧。外に出た瞬間動けなくなり、そこに奇跡的に訪れたフランに拾われます。

奴隷商人に囚われ、魔獣に襲われていたフランを助けた後は、彼女の夢である「進化」のために戦います。冒険者ギルドに登録し、剣の身に着けたスキルと、フランの持つ敏捷性で強敵を倒しながら、旅は続きます。

剣こと「インテリジェンスウェポン」として、雑魚を倒しながら、地道に自己強化していく様はよく見るMMORPGの光景。プレイヤーがおらず、剣だけで戦うとこうなるのか、という違和感が面白い。”料理王”や”解体王”など、諸事情により変なスキルも所持していますが、それものちの冒険に活きてきます。モンスター相手に戦い続けて得た強さで、並み居る強敵をばったばったと退けていくカタルシスが大きな特徴。

一方で、剣の使い手であるフランの成長も楽しみな作品。ちょっと寡黙ですが、素直で優しい獣娘。しかし、やるときにはやる女の子。黒猫族特有のスピードを活かした立ち回りで、強力すぎる剣を制御し、いかに戦い抜いていくのか。夢である進化を達成できるのか。奴隷からスタートした彼女の人生は、剣を得てどのように変化していくのか、楽しみです。

試し読みはこちら〆。

「下降世界ヲ辿ル物語」


下降世界ヲ辿ル物語(1) (ニチブンコミックス)

超オススメコミック。甘夏(あまなつ)著、コミックへヴン連載中。

学園の地下に《下降世界》という異世界が広がろうとしていた。《下降世界の住人》たちは、地上世界を浸食し我がものにしようとしている。姿形をもたないエネルギーだけの存在である彼らは、人間の持ち物に宿る妄想に取り憑き、さらにその持ち主をのっとることで活動できるようになる。

女の子が好きな少女・四月朔日静那(わたぬきしずな)は、クラスメイトの可愛い少女たちを食べちゃいたいぐらい大好き。彼女のロッカーには、趣味のおどろおどろしい人喰い鬼(グール)人形やゾンビ人形が飾られていた。《下降世界の住人》はこれらのアイテムに目を付け取り憑き、やがて静那本体への乗っ取りを成功させる。《下降世界の住人》となった静那は、自分の欲望を果たそうと行動を開始する。

一方、彼女の暴走を止めるため、下降世界の住人の封印を護る一族の末裔・真淵ユニ子が、得物の刀を振りかざし颯爽と現れる。静那を手遅れと判断し、始末しようとするが、静那の意外な発想で事態は一転する……。

なるべく中身に触れないようにあらすじを説明してみたつもり。グロ、エロ、百合がかもしだす、わけわからんハーモニーが素敵な作品。かなり人を選びますが、私はこういうの大好きです。とりあえず、作者の頭がおかしいのはよく分かった(超ホメ言葉)。オススメ本として平積みした秋葉原K-BOOKSやCOMIC ZINの店員も奨励したい。何だこれ!?

強いんだけどいい加減で無鉄砲なヒロイン・ユニ子は、静那を恋人とする百合娘。パートナー・静那は、普段はアンニュイ、しかし時にカニ○○○ムに変貌する狂人です。二人が《下降世界の住人》達に取り憑かれる学生たちを救っていくバディもの。

敵も味方もぶっ飛んだキャラクターで、彼女らが巻き起こす容赦のない展開に目が離せません。ロッカーの中のアイテムを媒体として敵が出現するアイデアも面白い。静那が不思議な色気を持っており(説明できん)、話が進むにつれ愛おしくなってきます。グロい展開が多いので、向かない人はまったく向きませんが、長く続いて欲しい作品。頼むぞ日本文芸社。〆