タグ別アーカイブ: 中世

「アルテ」


アルテ 1 (ゼノンコミックス)

オススメコミック。大久保圭著、月刊コミックゼノン連載中。

16世紀初頭のフィレンツェ。貴族の娘・アルテは、女らしくしろとうるさい母に辟易していた。大好きな絵を描いて暮らしたい、自分は絵描きになる、と家を飛び出し弟子入り先を探すものの、女なんて、と冷たくあしらわれる。そんな折、たまたま出会った寡黙な男・レオは、工房を持つ職人であった。ここぞとばかり弟子入り志願するアルテであったが、レオにある試練を言い渡される……。

女性軽視の時代に、所詮女と馬鹿にされることに納得できず、自分のやりたいことをやり通す、強い意志を持つ少女の物語。本篇中にも触れられていますが、彼女をつき動かすのは「怒り」。自分を認めない母や世間への怒りのパワーで、なにくそと突き進んでいきます。

実はよくあるパターンのお話ではありますが(「ジゼル・アラン」とか)、題材が画家・芸術家というのは珍しい。職人モノなので、どれだけ画家という特殊な職業を話に絡められるかに注目しています。仕事に、恋に、家庭に翻弄されながらも、反骨精神を胸に突き進んでいく所に共感。ただ…恋はやめとけアルテよ……。

試し読みはこちら