タグ別アーカイブ: 加瀬大輝

「マンけん。」

マンけん。1 (サンデーGXコミックス)(Amazon)

オススメコミック。加瀬大輝著、サンデーGX(ジェネックス)連載中。

容姿端麗、成績優秀、運動神経抜群でクラスメイトからの人気も高い女子高生・日笠倖(ひがささち)。実は親にも友達にも内緒でマンガを描いており、プロデビューも控えた逸材だった。そんな彼女の隣の席には、いつも下手くそなマンガを描き続け、極度のオタクと発言から”デンパちゃん”と名付けられた少女・豊崎アリスがいた。倖はアリスを毛嫌いしていたが、とある事件をきっかけにちょっとだけ親しくなり、彼女の所属する漫画研究会に入会してしまうのであった。

題名通りのマン研のお話。仲良しこよしの部活系マンガと思いきや、意外にも熱血を売りにした漫画でびっくりすることでしょう。それもこれも、主人公・日笠倖の魅力がなせる技。何でもできるキャラクターは、器用貧乏で逆に魅力薄になりがちですが、「漫画家」という確たるものがあるおかげでブレません。漫画バカですコイツは。

編集者に期待されデビューを待たれながらも、自分の実力不足を真摯に受け止め慢心せず、漫画以外のジャンルでも才能あるものを素直に認め嫉妬し、弱きものを助ける正義の心。ライバルには絶対負けたくない! という熱い魂。非常に好感度の高いヒロインです。

さらに、主人公を師と仰ぐことになる豊崎アリスの成長も楽しみで、最初は落書き同然の素人漫画ながら、師匠に教えを乞い、徐々に実力がついていくところが見所です。ヒロインとの対比もあり、この未熟なキャラクターも魅力十分。

ストーリーはまだまだ駆け出しですが、今後の展開が楽しみな作品。ちなみに登場キャラクターの名前が、日笠、豊崎、竹達……どこかで聞いたことあるような、ないような。〆

※この記事は2012/04/23に「Psychelia.com」に掲載したものです。