タグ別アーカイブ: 幻冬舎

「転生したら剣でした」



転生したら剣でした (1)(バーズコミックス)

おすすめコミック。原作:棚架ユウ、作画:丸山朝ヲ、キャラクター原案:るろお。デンシバーズ連載中。

名もなきオタク会社員である主人公は、交通事故にあい命を落としてしまう。不幸な人生を終えた彼が目を覚ますと、そこは異世界、自分は剣の姿になっていた。剣の姿のまま動き回れることを知った彼は、周囲の敵を斬って斬って斬りまくってレベルを上げるが、魔力を吸われる森で動けなくなってしまった。そこに通りかかったケモ耳の少女・フランに助けられ、フランの夢のため、ともに戦うことに……。

タイトルまんまの話です。剣となってしまった主人公は、へこたれることなく、剣の成長の仕組みを理解し、周囲の敵を倒して着々レベルを上げ、やがて近郊をすべて制圧。外に出た瞬間動けなくなり、そこに奇跡的に訪れたフランに拾われます。

奴隷商人に囚われ、魔獣に襲われていたフランを助けた後は、彼女の夢である「進化」のために戦います。冒険者ギルドに登録し、剣の身に着けたスキルと、フランの持つ敏捷性で強敵を倒しながら、旅は続きます。

剣こと「インテリジェンスウェポン」として、雑魚を倒しながら、地道に自己強化していく様はよく見るMMORPGの光景。プレイヤーがおらず、剣だけで戦うとこうなるのか、という違和感が面白い。”料理王”や”解体王”など、諸事情により変なスキルも所持していますが、それものちの冒険に活きてきます。モンスター相手に戦い続けて得た強さで、並み居る強敵をばったばったと退けていくカタルシスが大きな特徴。

一方で、剣の使い手であるフランの成長も楽しみな作品。ちょっと寡黙ですが、素直で優しい獣娘。しかし、やるときにはやる女の子。黒猫族特有のスピードを活かした立ち回りで、強力すぎる剣を制御し、いかに戦い抜いていくのか。夢である進化を達成できるのか。奴隷からスタートした彼女の人生は、剣を得てどのように変化していくのか、楽しみです。

試し読みはこちら〆。

「無関心探偵AGATHA」

無関心探偵AGATHA (1) (バーズコミックス)

オススメコミック。「ミミツキ」の相川有著。月刊コミックバーズ連載中。

「普通科二年二組 がさづえ。探偵に生まれつきました」

はっきりものを言えない少女・蓮出留津(はすでるつ)。イスカリオテ学園に転入してきたその日に、自称探偵を名乗る少女・阿嵩小杖(あがさこづえ)に出会う。阿嵩は留津や他人には無関心。思っていることを隠そうとしない、自分と正反対の性格に留津は魅かれる。そんな折、学内で殺人事件が発生する。阿嵩は事件解決に向け動き出すが……。

ミステリもの。興味のないことにはまったくの無関心ですが、事件となると目を覚まし、精力的に活動するヘンな少女が主人公。その無関心ぶりは徹底しており、担任教師の名前を覚えず同級生にもまったく興味を示しません。しかも無表情で無愛想のおまけつき。右目に深い傷がありますが、本編では触れられていません。なお、名前の阿嵩の由来は、おそらく推理作家アガサ・クリスティーと思われます。某博士と同じです。

留津を助手役にし、学園で起きた殺人事件を推理し、事件の真相に迫っていきますが、事件は単調なようで複雑な人間関係の元に成り立っており、調査は難航します。匂いをかぎわける能力を持つもう一人の助手・唯井否(ただいいな)の力を借り、類まれなる推理力で真相に迫る…のですが。

ちょっと展開が早く、読者に推理する暇を与えてくれない印象を受けました。もう少し証拠物件や証言をフォーカスした作りになっていると、もっと面白くなるかと思われます。それでもキャラクターの良さで十分楽しめますが。

ちなみに、一話完結式ではありません。1巻終了時でも事件は完結せず、続巻となっています。よって解決編に期待。試し読みはこちら。〆