タグ別アーカイブ: 新潮社

「天久鷹央の推理カルテ」



天久鷹央の推理カルテ (1)

おすすめコミック。原作:知念実希人、イラスト:緒原博綺、キャラクター原案:いとうのいぢ。月刊コミック@バンチ連載中。

天医会総合病院統括診断部診療部長・天久鷹央(あめくたかお)。各科で診断困難とされた患者も、常人離れした診察術で、たちどころに診断してしまう天才女医。しかし彼女が診察するのはただの病人だけではない。河童を見た、幽霊を見たなど、患者たちが持ち込む怪奇的な事件に興味を持ち、自ら医療の力で解決に導いていく。

新潮文庫nexの同名小説のコミカライズ版となります。原作者は現役の医師であり、各話の終わりには、筆者の医療トリビアが掲載されています。

医学の力で、不可解な事件を解決していく天才ドクターの話。医療の知識を活かして、患者の症状や事件現場の状況から真相を究明しつつ、さらに病気も治してしまいます。例えるならNHKのTV番組「総合診療医 ドクターG」のような感じです。

天久先生は天才ではありますが、性格や言動にやや難があり、なんでも首を突っ込んでいったり、患者の応対がぶっきらぼうだったりします。しかし、あまりある知識と冷静な判断力で問題を看破していくところが魅力的。

いくつかエピソードがありますが、中でも「不可視の胎児」の話は秀逸。赤ん坊を妊娠したという少女、しかしエコーに胎児の姿は見られない。おそらく想像妊娠かと思われたとき……。ほか、考えさせられるようなエピソードが多く、今後も期待できます。

試し読みはこちら〆。

「わたしのカイロス」



わたしのカイロス (BUNCH COMICS)

おすすめコミック。からあげたろう著、くらげバンチ連載中。

とある惑星にて。見世物として、敵と戦い続けなければならないという「剣闘刑」を受けてしまった少女・グラジオラス。古代ローマのグラディエーターのような状況に置かれて失望するが、見知らぬ星に転送され、そこで出会ったロボットの少年・カイロスに勇気づけられる。そこに現れた強力な”敵”。グラジオラスとカイロスは協力し立ち向かうことになったが……。

どう考えても戦うことはできないだろうというひ弱な少女と、さらにひ弱なロボット少年が、絶望的な状況で強大な敵に戦いを挑み続ける、というプロット。

グラジオラスには絶対に負けられない理由があり、たとえ力が弱くても、勇気をもって戦いに臨みます。折れそうになる心をカイロスに支えられ、必死に立ち向かっていく姿が美しい。

様々な星をめぐりながら戦い続けていくようで、銀河鉄道999的に、さまざまな出会いと別れを繰り返して進むバディものになりそう。ストーリー、キャラクター、アクション描写等が平均してレベルが高く、長く続けてほしい作品です。

試し読みはこちら。〆

「一変世界」



一変世界 1 (BUNCH COMICS)

おすすめコミック。明治カナ子著。くらげバンチ連載中。

デラ神殿の大巫女見習い、プーリョ。不可思議なことが起こる神殿と、神殿を取り巻く神の森で、日夜厳しい修行に明け暮れている。友人のエズリン、元石像のミンミらの助けを借りながら、立派な大巫女様になることを目指して送る修行の日々と、そこで巻き起こる事件を描く。

独特の世界観が魅力的。森に巣食う不気味な魔物、石像の魂を死体に乗り移らせる術、さらには信仰の場である神殿が、最大のミステリースポットとなっており、入ったら出てこれなくなる迷宮や、人の形をしたしゃべる石像(神? 魔物?)などが散見されます。

プーリョはそれらを当然のもの、として認識していますが、細々とこの独特な世界観を説明するキャラもいないため、最初やや混乱します。しかし、話が進むにつれ、こういうものなのだと、だんだんと理解できるようになってきます。トラブルで結構あっさり人が死んでしまったり取り込まれてしまったりしますが、この神殿では割と日常茶飯事の模様。そのあたりがドライに描かれているのも本作の大きな特徴です。神は理不尽。

第二巻以降になると、大巫女の存在や、プーリョ自身の秘密に迫る展開となり、彼女を取り巻く陰謀や策略めいたものが次第に姿を現します。プーリョは無事に立派な大巫女になれるのか、続きが非常に楽しみです。

試し読みはこちら〆。

「兎が二匹」



兎が二匹 1 (BUNCH COMICS)

おすすめコミック。山うた著、月刊コミック@バンチ連載終了。2巻完結。

不老不死の女・稲葉すず398歳、同居している青年・宇佐美咲朗19歳。死にたくても死ねない体となってしまったすずは、毎日咲朗に自分を殺させようとするが、うまくいかず確実に自分が死ねる方法を探していた。一方の咲朗は、すずに死んでほしくない一心で、何とか彼女の心をひきとめようとする。しかしその思いは届かず、やがて悲劇的な結末が訪れることになる……。

死を望む女と、死んでほしくない青年の物語。悲劇的な結末から物語はスタートしますが、そこに至る経緯について、すずの記憶が語られていくことになります。400年近く死にたいと思いながらも生きてきたすずですが、咲朗との出会いは、彼女に生きていく活力を与えてくれる、特別なものでした。それでもなぜ死を望むのか。

悲しくなると死んでしまうといわれている兎。タイトル通り、確かに二匹の兎がいます。「悲哀」という言葉がぴったり当てはまるテーマの作品。二巻で完結の短編ですが、キャラクター、ストーリー、心情描写すべてのレベルが高く、不朽の名作と言えるでしょう。これは必読!

試し読みはこちら〆。

「海のクレイドル」

海のクレイドル 1 (BUNCH COMICS)

オススメコミック。永野明著、月刊コミック@バンチ連載中。

産業革命時代のイギリス。雑用婦として働いていたモニカは、屋敷の主に重用され、息子のエヴァンを頼むとされ言われるほどの信頼を得ていた。しかし、突然の主の死と共に解雇され屋敷から追い出されてしまう。元の貧民街に戻り、貧しい暮らしを強いられていたモニカであったが、ある日、主の死は偽装されていたものだと知る。旦那様は生きているかもしれない。希望を取り戻したモニカは、分かればなれになっていたエヴァンを誘拐同然に連れ出し、主を探す旅に出る決意をする。

元メイドの少女が幼子を連れ、行方不明の旦那様を探す大航海。モニカの力強い「眼力」が特徴の作品。希望を持って突き進む少女の果敢な姿、目的のためには粉骨砕身がんばるという根性モノ。実際、油臭い仕事もいとわないところが素敵。さらには幼子を連れていく苦労を背負っていくわけで、逞しく生き抜く少女を堪能できます。

モニカ達が乗り込んだ船に刻まれた謎の刻印「クレイドル」。突如発生した機関トラブルに巻き込まれながらも、主を探して船旅は続きます。果たして主と再会できるのか、無事航海を終えアメリカにたどり着くことができるのかが見どころ。〆