タグ別アーカイブ: 早川書房

「スワロウテイル人工少女販売処」

スワロウテイル人工少女販売処 (ハヤカワ文庫JA)(Amazon)

ハヤカワ文庫JA、藤真千歳(とうまちとせ)著、人工妖精(フィギュア)と呼ばれる少女を主人公にしたSFです。ワンフェスにかけてみた。

種のアポトーシス(プログラムされた細胞死)という病気に感染してしまった者は、東京湾(関東湾)に浮かぶ人工島に隔離されていた。島では感染を防ぐために男性地区と女性地区に区分し、男女を別々に住まわせていた。

異性の代わりとして造られたのが人工妖精と呼ばれる人造人間たち。彼、彼女らは微細機械(マイクロマシン)によって構成されているが、人間と同じように脳や心臓があり、魂を持ち、容姿も年齢もさまざま。人間と異なるのは、肉体的に成長をしないこと、背中には羽を持ち、「人間に危害を加えてはならない」などの規則を破れないこと(ロボット3原則のようなもの)。

主人公の揚羽(あげは)は、人工妖精の中でも最も劣等な5等級に分類され、羽が黒く醜くて、学習能力が低いことから自称「バカ」。ただし、彼女には”死んだ妖精の心を読む”能力と、人工妖精でありながら原則に反して殺傷ができる、という特異な才能を持っていた。揚羽はその能力を活かし、暴走した人工妖精「傘持ち(アンブレラ)」による連続殺人事件の真相を追っていた。

あらすじ長くてすみません。どこで区切っても話が通じないぐらい設定が凝ってます。世界観だけでお腹いっぱい楽しめる。物語もバトルあり謎解きあり恋あり旅ありハードボイルドあり陰謀ありのSFロマンが盛沢山。オススメです。〆

※この記事は2010/07/26に「Psychelia.com」に掲載したものです。

「ハーモニー 」

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)(Amazon)

オススメ小説。第30回日本SF大賞。伊藤計劃(いとうけいかく)著、ハヤカワSFシリーズJコレクション。

大災禍・メイルシュトロムと呼ばれる核戦争後、政府ならぬ”生府”によって統治された世界。人間の生活と健康は徹底的に管理されてはいるものの、それに疑問を抱くことはなく争いのない優しい世界。主人公・霧慧トァン(きりえとぁん)が出会った反社会的な少女・御冷ミァハ(みれいみぁは)は、そんな世界に反抗しようと、とある事件を起こすが失敗してしまい、彼女の思想に傾倒していたトァンは心に大きな傷を負ってしまった。それから13年後、忌み嫌っていた生府の監察官となっていたトァンは、世界を揺るがす大事件に遭遇するが、その事件の背後にミァハの存在があるのではと疑う……。

ネタバレしないようにあらすじを書いていくと、なんだか分からないものができあがるという、悪い見本ですね。以後気を付けます。

いわゆるユートピアを良しとせず、それに抗って生きる女のハードボイルドSFです。トァンさんは、タバコが吸いたいけれど本国では法律で吸えない、じゃあ海外の紛争の調停の仕事でも請け負って、現地で隠れて吸っちゃえばバレないじゃん、というなかなかの荒くれ者かつ反社会的思想の持ち主です。凛々しい。

文章内ではタグが頻繁に使われ、慣れないとかなり邪魔です。<regret>○○は××と思った</regret>のような。基本的には感情を表すものとして、この場合regret(残念)タグで囲まれた文章「○○は××と思った」は残念な気持ちで言われている、という意味です。HTMLを知っている人には分かりやすいかも。何故このようなレトリックがなされているかは、最後の最後で明かされます。必要なタグなのです。この仕組みも面白い。

やや難解なテーマを持つお話ではありますが、展開は早いしSFなので問題ないでしょう。読んで損はなし。

なお、著者の伊藤計劃氏はメタルギアソリッドシリーズ好きとして有名で、MGS4のノベライズも手掛けましたが、2009年にガンのため34歳で死去。惜しい人を早くに亡くしたものです……。〆

※この記事は2010/11/07に「Psychelia.com」に掲載したものです。