タグ別アーカイブ: 朝日新聞出版

「謎のあの店」



謎のあの店 1 (Nemuki+コミックス)

おすすめコミック。松本英子著、Nemuki+連載中。

街で見かけた変な店、特徴的な店、謎のあの店……。作者自身がそんな店に実際に行ってみよう、というルポエッセイ。路地裏の怪しげな店から、トンデモメニューのあのラーメン屋まで、謎の店多数。

「散歩の達人」という、街紹介の雑誌が好きなのですが、作者は昔その雑誌でイラストエッセイを描いていた松本英子氏(別作品「ステキな東京魔窟」に収録)。観光ガイドの内容とはまた違った、街を愛する人の雑誌です。理髪店にいくと、常備してある散歩の達人を読んでいたものです。結構濃い。まあ、それはさておき……。

謎のあの店では、飲食店を中心に、文字通り謎の店を取材するものですが、ガッツリ取材をするという感じではなく、ふらっと行ってみて、どんなもんかみてやろうかな、というゆるーいスタイルになっています。中には覚悟が必要な店もありますが、街歩きの延長にあるような形なので、読者は身構えずにゆるーく見ることができるのが大きな特徴。

著者がとんかつ買うのを見て、自分も買ってみたいと思ったり、なんだこの店行ってみたい! と思えるようなものが多数。普通のお店に飽きた人、ガイドに載らない隠れた名店(?)を知りたい人は是非お読みください。謎の店は、案外近くにある。

試し読みはこちら。〆

「それゆけ! 宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ[完全版]」

それゆけ! 宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ[完全版]Ⅰ (朝日ノベルズ)(Amazon)

なつかしい。「それゆけ! 宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ」は十年近く前の人気ライトノベルシリーズで、そこそこ人気ながらも完結せずに終わってしまった作品の(今度こそ)完結版。庄司卓著、イラストは赤石沢貴士。

今の購買層に合ったのか、それとも昔の若者達が買っているのか、そこそこ売れているらしい。

天才ゲーマー女子高生・山本洋子は、その腕を見込まれて未来の戦争に参加することになった。その戦争は様々な利権をかけて国の代表者同志が戦う代理戦争で、安全な脱出転送装置のためにパイロットは絶対に死傷することはない。スカウトされた洋子は特一級打撃戦艦(スーパーストライク)「TA-29 ヤマモトヨーコ」に搭乗し、仲間と共に戦う。

SFバトルにギャグ要素を取り入れた物語です。ロボットや戦闘機ではなく戦艦というのが特徴。火力が凄まじく、統一場粒子兵器ザッパーはその気になれば惑星一つ吹っ飛ばせる超威力。その割に敵チームと口げんかしながらドンパチやる陽気さが面白い。

なお、アニメ版(約10年前)の監督は「化物語」でおなじみ新房昭之氏でした(参考動画:TV版OP)。OVA版は面白かったけれど、TV版は不評だった気がする。まあ、昔の話です。〆

※この記事は2011/01/17に「Psychelia.com」に掲載したものです。