タグ別アーカイブ: 松浦だるま

「累」


累(1) (イブニングKC)

超オススメコミック。松浦だるま著、イブニング連載中。タイトル「累」は「かさね」と読みます。

母は美しき大女優であったが、若くしてこの世を去った。残された娘は母とは似ても似つかぬ醜い容姿であった。幼いころから母とはまったく異なる容姿をからかわれ、いじめられていた淵累(ふちかさね)。ある時、母が女優だったからという理由で、学芸会の主役に選ばれる。主役をまっとうしようと意気込む累であったが、本番当日、クラスメイトのいじめにあい、窮地に追い込まれる。そんなとき、母から託された「赤い口紅」の力を思い出す……。

キスをすると、相手の容姿を奪うことができる。それが「赤い口紅」の力。その力を使って自分より美しい娘の顔を奪い、自らの卓越した演技力で観衆の賞賛を浴びるという、歪な少女の話。第一話はシンデレラが題材となっていますが、まさしくシンデレラの如くの成りあがりストーリーが展開していきます。

一方、その容姿は一時的なものであり、魔法が解けるとやはり嘲られる日常を受け入れられず、苦悩する日々。演技力はずば抜けているのに、容姿が評価を妨げる現実に苦しめられます。学芸会の後、しばらく鳴りを潜めていたものの、時は流れ、再びスポットライトを浴びたいと思うようになった彼女の手には「赤い口紅」……。

なんというか、ぶんどり人生を歩んで行く「ガラスの仮面」といった感じの作品。キスで入れ替わるのは、最近では「山田くんと7人の魔女」に近いか。所詮私なんて、と普段陰気な累が、入れ替わるとものすごくかわいらしく愛おしくなる不思議。やっぱり容姿は大事だよね、という皮肉な結果が哀れでもあり、この作品の面白み。心理描写も秀逸。傑作です。

試し読みはこちら