タグ別アーカイブ: 格闘

「怪異撲滅ミンチちゃん」



怪異撲滅ミンチちゃん(1) (ビッグガンガンコミックス)

おすすめコミック。ささきゆうちゃん著、月刊ビックガンガン連載中。

八裂眠千(やつざきみんち)、通称ミンチちゃんは、可愛くて優しくて物静かなクラスのアイドル。春風煌(はるかぜきら)も、そんなミンチちゃんに恋していたのだったが、ある日の放課後、ミンチちゃんがマウントポジションで河童をフルボッコにしていたのを目撃してしまう。以降、何の因果かミンチちゃんの妖怪退治(?)のパートナーとして、様々な怪異に立ち向かうことになったのだった。

タイトルを見た時に「撲殺天使ドクロちゃん」をイメージしましたが、近くて遠い感じです。ストーリーはどちらかというと硬派、シリアスな方で、バトル描写も充実。しかしペンネーム……思い切りましたな。

クラスの女の子が実は妖怪退治のスペシャリスト……というのは、あらすじとしてはよくあるパターンではあるのですが、本作では心身ともに痛みを伴う描写が秀逸です。特に、ブン殴ってわからす、ことにかけては、明確かつ非常に爽快! 冗談みたいに吹っ飛びます。ミンチちゃん容赦ねえ。

ミンチちゃんは単純暴力馬鹿ですが、実はとても友達を大切にする優しい女の子。そんなミンチちゃんを制御するための理性としてキラがおり、そしてもう一人の、か弱くも鉄壁な助っ人とともに、怪異に立ち向かいます。

立ちふさがるのは、いたずら程度から、人の生死を左右するような強力な妖怪までさまざま。今日もどこかでミンチちゃんの大凶神速拳がさく裂する!!

試し読みはこちら

もう一点。筆者のデビュー作、読み切り作品「きらきら光る姫」の試し読みはこちら。〆

「キリングバイツ」


キリングバイツ(1) (ヒーローズコミックス)

オススメコミック。原作:村田真哉、作画:隅田かずあさ、月刊ヒーローズ連載中。

人間をはるかに凌駕する戦力を有する新人類「獣人」。獣人同士の賭け試合は「牙闘(キリングバイツ)」と呼ばれ、財閥同士の勢力争いに利用されていた。偶然か陰謀か、キリングバイツに出資者として招かれた平凡な大学生・野本裕也は、向う見ずの獣人・ラーテル(ヒトミ)とともに、強敵たちに立ち向かうのであった。

「性別も体格差も関係ない、牙の鋭いほうが勝つ」。キャッチフレーズの通り、男女関係なくガチンコ勝負の変身格闘もの。獣人は元となったそれぞれの獣の特徴を受け継いでいます。主人公のラーテル(表紙の女性と動物)は、あまり知られてはいませんが、ライオンにだろうが突っかかっていくほど気性が荒く、堅い皮膚をもつ小動物、となっており、その性質と性格は元の人間であるヒトミにも反映されています(正確には元の人間の性質を反映されて動物が決定する)。

見た目はかわいい女の子ですが、巨大な獣人たちとも、十分にやりあえる小動物ヒロイン、どんな相手だろうだろうが関係ねぇ! という感じの跳ねっ返り娘と、それに引っ張られていく頼りなげな主人公。コンビでキリングバイツを勝ち抜こう、といった感じの流れ。

ライオンやらクマやらトラやら強そうな獣人が出てきますが、中でもチーターのエルザがアホかわいい…(2巻の表紙)。超スピードが魅力のチーターですが、結局のところ、猫耳生やせるやつが一番最強なのだと、改めて認識させられました……。あと猫目も重要か。

試し読みはこちら。〆

「ハナカク -The Last Girl Standing-」

ハナカク 1: -The Last Girl Standing- (ゼノンコミックス)

オススメコミック。「ソムリエール」の松井勝法著、月刊コミックゼノン連載中。

気弱な女子高生・安藤花夏(あんどうはなか)。強くなりたいと空手部に入部を希望するも、練習について行けず脱落。その他の格闘系の部活動にも挑戦するが、あえなく失敗。そんなある日、危ないおじさんに絡まれていたところを、同じ学校の生徒・吉野小春(よしのこはる)に助けられる。飛び膝蹴りで車のガラス窓をぶち破った彼女は、総合格闘技をやっているのだという。興味を持った花夏は、そのままジムへと連れて行かれ……。

私も強くなりたい、と総合格闘家を目指すお話。なんでブームも下火になった今さらかは疑問ですが、内容がシンプルかつ戦う女の子系の作品で、読みやすく話に入りやすい。

主人公の花夏は背も低くパワーもありませんが、天性の「避け感」により、回避能力に優れるファイターです(劇中ではグローブをつけたハムスターと揶揄)。一方、彼女を総合格闘技の世界に誘った小春は、明るく朗らか、背も高くスポーツウーマン体系で強い。しかもすでにプロデビュー済みの逸材です。おそらくは、この凸凹コンビの成長譚となっていくでしょう。

分かりやすく元ネタが散りばめてあるので(高山ドンフライ戦や左ハイキックが得意技等々)、PRIDEやUFC等の総合格闘技が好きな人、好きだった人はより楽しめるでしょう。「はじめの一歩」にも似た感じがあるので、そういう弱虫から強くなる系列の作品が好きな人も是非。

試し読みはこちら

「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル」

たまにはゲームレビュー。

Amazon等で酷評されていた作品。気になったので買ってみました。はっきり言って、オススメのゲームではありませんが、ジョジョが好きならそこそこ楽しめると思います。Amazon風に評価するなら★★☆☆☆。ファミ通風なら5、ファンなら6ぐらいか。

ジョジョシリーズのキャラクターが、原作の雰囲気、造形を崩さず立体化しているのは◎。あんな癖のあるタッチの絵をうまく3Dに落とし込んでいると思います。ここに文句はないどころか称賛に値します。スゲー。

格闘ゲームとしてはややテンポが悪く、攻略性ややり込み度は低い。特に中級~上級者には物足りなさを感じると思います。最近のゲームと比較すると、「スーパーストリートファイター4」のようなけん制と読み合いから生まれるシビアさはないし、「鉄拳」のような上中下段と距離の駆け引きもない。もちろん「デッドオアアライブ5」のような色気もない。比較的近いのは(ちょっと古いですが)「Fate Unlimited Codes」。これも実は大味なゲームなのですが、コンボゲーとして安定したので評価はそれなりでした(参考動画(YouTube))。

比べて本作は、ジャンプ攻撃が強く、対空技も少ないので、飛び込んで攻めまくるのが有利。コンボも連打で簡単につながるので(弱攻撃連打でキャンセル超必殺技まで出してくれる「ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ」方式)、大味感は否めない。否めないというか、操作していてつまらないので、個人的にはあえて利用していません。

また、スタンドを持つキャラクターがほとんどですが、本体の前に立つように重なるので、キャラクターの攻撃範囲および食らい判定が横2倍。つまりデブい。かつ、ジャンプが低いので、近づいて何か攻撃すれば当たる。接近戦はちょっと窮屈に感じます。一方で、スタンドのない1部や2部のキャラクターだと、スッキリしていて戦いやすいようです。派手さは欠けますが……。

ステージ中にはステージギミックがあり、特定の場所でダウンするとギミックが発動カウントダウン、一定時間後に何らかのギミックが発動し、射線上にいるとダメージを受けます。天井からぶら下がっているシャンデリアが落ちてきたり車に轢かれたり。これを避けるのが面倒くさい。攻撃・防御を中断してとりあえず逃げることもあり、ストレスになります。なくてもいい、なしにできるオプションがあればいいのに、ない。

ゲームの中核となるストーリーモードですが、部ごとにミニストーリー風になっていて、原作を知る人はあらすじを読むような感じ、そうでない人はちんぷんかんぷんかと思われますが、そこはそれ置いといて、対戦が始まるまでのロード時間が気になりました。十数秒ですが、待たされます。前述のスト4なんかはとんとん行くので、テンポが良かったのですが、強制的にあらすじを読み、しかも待つ、のが何かイヤ。何より恐ろしいことに、ストーリーとは関係なくランダムに敵が出現する「アーケードモード」的なものがないこと。練習と対戦以外でミスタやナランチャなどが使えません。ありえない。なお余談ですが、ミスタの弾丸の声は今井麻美でキャッハー。

あれ、気づけば悪口ばかりに。いや、格闘ゲームとしては今一つかもしれませんが、ジョジョファンは楽しめますよ、本当。キャラクターを動かしている分には楽しいし、爽快感も抜群です。ワムウとか変なポーズなのにカッコイイ。個人的にストーンオーシャンが好きなので、徐倫で暴れまわってるだけで楽しい。めくりっぽいジャンプ強攻撃→裏落ち→下段からのコンボとか、低空オラオラとか、昇りジャンプ攻撃→糸を伝って急降下→下段攻撃とか使い道なさすぎてどうしよう、みたいな方向で。

ま、ぼちぼち遊べるとは思います。が、何かを極めようとしてやるゲームではなさそうです。各人で見極めてください。〆

 

 

「無敵看板娘」


無敵看板娘 1 (少年チャンピオン・コミックス)(Amazon)

オススメコミック。週刊少年チャンピオン連載終了、全17巻完結(続編「無敵看板娘ナパーム」も全3巻完結)。佐渡川準著。著者は8/13未明に逝去、享年34歳、死因は首つり自殺か。ご冥福をお祈りします。

とある町の小さなラーメン屋・鬼丸飯店の看板娘・鬼丸美輝。彼女の主な仕事は出前……なのだが、少年野球に乱入したり、不良を退治したり、道草くってサボりまくり。特に向かいのパン屋の看板娘・神無月めぐみとはライバル関係にあり、何かと張り合ってはご近所に迷惑をかけている。童心を忘れない、いい大人が暴れまくる格闘ギャグ漫画。

第一話で、ヒロインが母親の鉄拳制裁を受けゲロを吐くという、斬新な始まり方をする作品。ヒロイン美輝は、最強の母親から受け継いだ「鬼丸流葬兵術(即興技)」を駆使し、ライバル達とバカバカしい戦いを繰り広げます。まともに出前に行けない、という致命的な看板娘。とにかく悪が大嫌い、正義のために子供の喧嘩にも首を突っ込むというアホ娘。しかし、その天真爛漫さが町の人たちから愛されています。

個人的に好きなエピソードは、サーカス団を抜け出したキリンとガチで戦うお話(153話「迷える巨獣」)。”キリンの蹴りは大抵の動物をしに至らしめる破壊力”であり、加えて凄まじいリーチのヘッドバッドに対し、真っ向勝負を仕掛ける人間代表、ラーメン屋の出前・鬼丸美輝。はたして勝敗の行方は!? という、すごい発想のエピソードです。

この作品はアニメ化され、そこそこの人気だったと記憶してます。原作に忠実だったのは良かったです。以下、オープニング映像ですが、もちろん本編はこんなにシリアスな話ではありません。

試し読みはこちら