タグ別アーカイブ: 田沢孔治

「ペーパーウエイト アイ」

ペーパーウエイト アイ1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)(Amazon)

オススメコミック。原作:田沢孔治、作画:さかもと麻乃。コミックフラッパー連載中。

人形作家の美大生・桐生マリエは、自分の作品のファンを名乗る青年・鵠丸カレルに誘拐されてしまう。マリエはカレルの持つ洋館に監禁され、あなたの黄金の手で「ヒト」を創って欲しいと依頼される。逃げようとするマリエであったが、自分の創った人形たちが命を吹き込まれ行く手を阻む。唯一の救いは”新しく目指した自分自身”をテーマにした人形・マジェンカが身を守ってくれること。はたしてマリエはカレルから逃げのびることができるのか?

ペーパーウエイトアイとは、ガラスを素材としたドールアイのこと。つまり人形の目。ドールものとしては「ローゼンメイデン」が有名ですが、こちらは球体関節人形以外にも主人公の創作物はすべて命を吹き込まれる仕様。しかもマリエの創作物は自身のトラウマをテーマとして創られているため、突飛な造形を持ち凶暴でサイコパス。恐竜の骨格標本に胎児を首吊りでくくった人形とかマリエ恐るべし。逃げようとするとそんな人形たちが襲ってくる。

逃げては捕まりまた逃げる。マリエと人形たちの追いかけっこ。しかし、悪意を持つ人形たちとは違いカレルには何だかんだで良くされているので、誘拐した者された者という主従関係とは違う微妙な距離感が良い。熱烈なファンと創造主の関係がそこにはある様子。カレルの目指す”ヒト”の創作とは何なのか、人形たちはなぜ動き出したのか、マリエの持つ黄金の手とは? さまざまな謎を含ませつつ物語は続く。

試し読みはこちら

※この記事は2011/11/21に「Psychelia.com」に掲載したものです。