タグ別アーカイブ: 菅原キク

「旧約マザーグール」



旧約マザーグール (上) (下) (リュウコミックス)

おすすめコミック。「昭島スーサイド☆クラブ」の菅原キク著。アーススターにて連載終了の「HOLYHOLY」の新装版。

“その無人の島に最初に辿り着いたのは、目も耳も不自由な一人の乙女と、14人の生まれたばかりの赤子だけだった”

豪華客船で行く、聖エルレシアン女学園の修学旅行。突然の事故により船が沈没してしまったが、何とか生き残った少女たちは、無人島と思しき島へ流れつく。優等生・草間トリノと優しい友人・小井戸ひな達生徒は、家に帰ろうと、島を探索するうちに、巨大な目を持つ異形の怪物に遭遇してしまう。この怪物は何者なのか、この島から逃げ出すことはできるのか? 少女たちのサバイバルが始まった……。

旧題「HOLYHOLY」、コミックリュウWebにて連載中の「マザーグール」のアナザーストーリーです。登場人物が共通となるため、どちらも同じ時間軸ですが、違ったストーリーが展開します。

ちょっと百合めな無人島でのサバイバルホラーで、敵の正体が良くわからないまま、逃げろ逃げろで展開します。物語と並行して、おそらく怪物の祖となったであろう、目も耳も不自由な乙女とその子供たちの伝承が語られ、この怪物の正体に迫っていきます。なぜ怪物は少女たちを襲うのか、どうすれば逃げ切れることができるのか、が注目ポイントです。

登場人物がみな個性的で、キャラが多いわりに書き分けができているところに好感。また、お嬢様ゆえの楽天的な発想で危機感が欠如していたり、仲間内のトラブルや独断専行での失敗など、やってはいけないようなことを率先してやらかしていきます。このままじゃ全滅必死。その中で、唯一現実感のある主人公のトリノが、仲間たちを引っ張っていきます。しかし彼女にも弱点があって、ままならないことも……。

ストーリーは完結せず、そのまま「マザーグール」へと解決編は引き継がれます。漂流した別のグループの話となりますが、トリノたちに合流して戦う形になったらうれしい限り。はたしてどうなるか、そういった面でも非常に楽しみです。

試し読みはこちら
「マザーグール」はこちら〆。

「昭島スーサイド☆クラブ」

昭島スーサイド☆クラブ 1 (チャンピオンREDコミックス)(Amazon)

オススメコミック。菅原キク著、チャンピオンRED連載終了(面白いのに)。

舞台は東京・昭島(あきしま)。佐倉涼介はどこにでもいる普通の高校生。怖い不良には逆らわず、二―トの兄を煙たがりながらも世話を焼き、やり場のない怒りを抱えながら日々を過ごしていた。ある時、不良同士の喧嘩に、なぜか魔法少女のコスプレをした少女が乱入し、不良たちをホウキで殴り一掃する奇異な現場を目撃する。よく見ると、コスプレ少女の正体は、クラスメイトで学園一の才媛・垣之上すうであった。不良相手に怯まず問答無用で戦う彼女に魅かれた涼介は、自分も仲間に入れてくれと頼みこむ。彼はその日から「昭島スーサイド☆クラブ」の一員となったのであった。

普段は物静かな優等生の少女、しかし放課後は街を守る正義の味方「ケアリー☆マジック」としてコスプレして戦います。彼女の戦う理由は、理不尽で不合理な世の中を否定するため。当人の言葉を借りるなら「世界に違うというために」。過去彼女に何があったかはまだ明かされませんが、殴られ傷ついてもへこたれず、死ぬ気(スーサイド)で戦う姿勢には狂気すら感じます。

そんな”すう”がリーダーのチーム「昭島スーサイド☆クラブ」には、喧嘩がめっぽう強いが妹には甘い男・宍戸、難聴の美少女だけど毒舌筆記の春奈という個性豊かな仲間がおり、涼介は4人目の加入者となり、街にはびこる悪と戦っていきます。

主人公だけが普通の人なので、格好良く勝利することなどほとんどなく、泥臭い戦いを強いられますが、めげずに戦い続ける若さが魅力的。そして、常に危なっかしさを感じさせる「ケアリー☆マジック」の活躍に期待。この娘はネジが飛んでいる。〆

※この記事は2013/01/27に「Psychelia.com」に掲載したものです。