タグ別アーカイブ: Cuvie

「絢爛たるグランドセーヌ」


絢爛たるグランドセーヌ 1 (チャンピオンREDコミックス)

オススメコミック。「ドロテア~魔女の鉄鎚~」「籠女の邑」のCuvie(キューヴィー)著、チャンピオンRED連載中。

お隣のお姉さんに憧れて、バレリーナになることを決意した少女・有谷奏(ありやかなで)。体格、柔軟性、音感、秀でた所はない平凡な子であったが、優れた観察眼と学習能力、そしてバレエへの情熱で徐々に頭角を表していく。

バレエマンガと言えば曽田正人の「昴(すばる)」のイメージが強いのですが、あちらは奇人じみた超天才なのに対し、こちらは比較的平凡な普通の小学生の女の子、といった感じ。バレエは幼少のころから始め、ローザンヌなどのコンクールを経てプロになっていくのが常道。したがって、漫画でも幼少のころからの成長の過程を描かれるのが定番となっており、本作も今は「小学生編」と見るのが良いでしょう。憧れのお姉さん、厳しい先生、将来は強力なライバルになりそうな友人、登場人物は整ってます。成長していくのが楽しみ。

主人公・奏の秀でたところは、疑問を感じたら、まず自分で考え、識者に相談し、解決策を模索するところ。前述した通り、決して天才肌ではないけれど、努力と感性によって大成していくタイプの女の子。問題にぶち当たって悩み苦しみながらも、逆境を糧に羽ばたいていく様は見事。素直にがんばれと応援したくなる、正統派のスポーツもの主人公です。まだまだバレエが楽しくてしょうがない、といった風ですが、この先、様々な障害や苦悩を味わう事になるのでしょう。困難を撃ち破って強くなるヒロインの姿に注目です。

…余談ですが。平積みされていたのを筆者を調べず衝動買いし、読み終わった後、確認してみたら、なんと著者はCuvie先生ではありませんか! 成年コミックを中心に、いくつか著書があるのは知っていましたが、他作品がどうにも煮え切らない感じだったのに対し、本作ではガッツリ読める作品になっていてビックリです。

一体何が…と思って調べていたら、先生は元々バレエをやっておられたとのこと(というか女性だったのを初めて知った)。これはますます期待大。なお、特集ページはこちら、で、試し読みはこちら