▼ ボス攻略

ヘンゼル&グレーテル(石の神殿)

最初の本格的なボス戦。ヘンゼルとグレーテルの二体が同時に出現し、交互に攻撃を仕掛けてきます。

接近すると"縦斬り"や"横斬り"で攻撃してくるので、回避行動で相手の背後に回り込むようにすること。距離を置くと魔法弾を1方向、または3方向に発射する"口放出弾"を撃ってきます。こちらも覚えたばかりの「黒の弾」や剣攻撃で相殺するか、回避するようにしましょう。

一定以上のダメージを与えると、片方は防御状態となり、攻撃を受け付けなくなります。続いて、咆哮を上げた後、プレイヤーに向かって高速突進してくる"強力ダッシュ攻撃"や、少しかがんだ後に大ジャンプ攻撃を繰り出してきます。これらは焦らずに軌道を良く見てから、回避行動を取りましょう。

さらに一定以上ダメージを与えると、ダウン状態になり、弱点である「アタックゲージ」が出現。落ちついて弱点に攻撃を当てれば1体目(ヘンゼル)は簡易撃破です。その後イベントが発生し、「黒の槍」を習得し、残った2体目(グレーテル)と対峙します。

2体目は"口放出弾"主体で攻めてきます。これは簡単に回避できるので、回避後に「黒の槍」で遠距離攻撃するか、1体目と同じく背後にまとわりついて斬りつけていきます。この時、盾に当たるとダメージを与えられない点に注意。再び「アタックゲージ」が出現したら攻撃を集中し撃破。

2体目撃破後は、再度立ちあがる1体目と同時に大量出現する雑魚を完全撃破。1体は残されますが、ずっと後に再戦することになります。

下着女(カイネ)(崖の上の村)

下着女のは攻撃方法によって対処を変えます。4連続で斬りかかる"斬りコンボ"は回避かガードをし、この後に反撃するようにしてダメージを稼ぎます。地面を這うような衝撃波"小魔法弾"は、一直線に飛ばしてくるので左右に回避であっさりかわせます。溜めの後、巨大な魔法弾と無数のホーミング弾を撃つ攻撃は、思い切って接近し、撃ち始めに背後に回れば回避しやすくなってます。

攻撃をヒットしダウンさせると、大抵は起き上がりに魔法を使用してきます。このときは、距離を置いて「黒の弾」(溜め含む)で削ればOK。ヘタに近付くと斬られるので、遠くから撃っていた方が安全です。ちくちく削っているうちに撃破できるはず。

フック(崖の上の村)

度肝を抜かれる巨大ボスとの戦いです。彼(?)とは再戦があるので、ここで攻撃方法をよく観察しておきましょう。また、段階によって攻撃方法が変わることにも着目。

カイネと共闘することになります。彼女を囮としてフル活用しましょう。こちらからボスに接近するのは最小限に抑えます。接近して攻撃すればダメージ効率は良いですが、"足踏み"が回避しづらいので、近付かず遠距離から足を狙って魔法攻撃を主体にします。頻繁に撃ってくる"魔法弾"は「黒の弾」で相殺。一定以上ダメージを与えるとどちらかの足に「アタックゲージ」が出現します。

第2段階になると、フックは崖の上に登り、口から球状のマモノを吐き出してきます。放っておくと、地面に着弾した後、"魔法弾"を吐き出してくるので、こちらを優先して撃破。球状のマモノを破壊しつつ、本体へも攻撃を加えていくと、右足に「アタックゲージ」が出現。通常攻撃では届かないので「黒の槍」等の魔法で攻撃しましょう。

第3段階、両足破壊後は、身体を狙って攻撃します。"足踏み"攻撃も併用して行ってきますが、距離を置けば見てから余裕でジャンプ回避可能です。一定以上ダメージを与えると最後の「アタックゲージ」が頭部に出現、これも「黒の槍」等で破壊して撃破です。

ゼペット(ロボット山)

攻撃方法が多いので、まずはその解説から。

各種レーザー類を軌道を読んでジャンプでかわしまくるのが基本。しばらくすると"押しつぶし"が来ます。手の動きが宙で止まり、狙いが定まって落ちてくる瞬間に転がって回避。その後、相手の手に対し「黒の手」を叩き込みます。できれば画面の手前側に回避し、すばやく2連発できるとなお良し。

避けにくいレーザーの対処法ですが、"追尾レーザー"は、ギリギリまで下がって垂直2段ジャンプで回避、その後、敵本体へ向かって前進し、敵の近くまで来たら左右に進路変更、反時計回りに走ってビームを振り切るように回避。"撃ちおろしレーザー"をジャンプでかわす際は、2段ジャンプ&空中で剣を2、3振りして滞空時間を稼ぐと良いでしょう。

手を破壊した後に出現する雑魚マシン軍団は、なるべくまとめて「黒の手」で破壊していくと効率的です。大きく弧を描くようにマップ内を移動し、追いつめられないようにしましょう。同じく砲台軍団は、大きく反時計回りに弾をかわしながら、一つ一つ丁寧につぶしていきます。

砲台撃破後は、"誘導ミサイル"をかわし、砲台跡地に出現する爆弾を、"極太レーザー"攻撃で開く口の中に放り込んで行きます。"誘導ミサイル"を回転してかわした後、頭部が下がってくるのを待たず、すぐに爆弾をつかみ接近。ビームを撃ってくる前に放り込むようにします。この爆弾を5発投げ込めば終わり。

フック(崖の上の村)

フックとの再戦。"尻尾叩きつけ""突進"など攻撃方法が増えています。また、第一段階撃破後は、村の外周を雑魚を撃破しつつ進まなくてはなりません。足場に飛び移ってマモノに接近する前に「黒の弾」等で攻撃し、進路を確保してから跳び移りましょう。

奥の広場に到達するといよいよ決着の時。フックは、魔法弾を撃ちまくるマモノを召喚する"球体吐き出し"、"突進"、"2連続足踏み"を繰り返してきます。"突進"は左右に回避、"2連続足踏み"は2段ジャンプ中攻撃で避けながら攻撃します。一定以上のダメージを与えると頭部に「アタックゲージ」が出現。

シャハリヤール(砂の神殿)

かなり面倒くさいボスです。段階によって攻撃方法が多彩、魔法を使用しての繊細な狙いを必要とし、最後は大暴れします。十分にレベルを上げてから戦いに臨みましょう。

第一段階。回転しながら"魔法弾"を射出してきます。このときは近寄る必要は一切ありません。すべて遠距離で、魔法で攻撃します。くるくる回りながら魔法弾を撃ってきます。弾をかわすか「黒の弾」や斬りつけて相殺しながら、赤いキューブだけを「黒の幻影」でピンポイントに射ぬいていきましょう。それ以外のキューブを破壊すると、「黒の弾」では相殺できない黒い魔法弾を撃ち返してくるので注意。赤いキューブと一緒に回転している青いキューブは、攻撃しても無意味です。青→赤と色が変わるので、赤くなった時を狙います。

回転するキューブ群の中の、すべての赤いキューブを撃破すると、一列目の破壊に成功し、二列目、三列目とキューブ群が下りてきます。上段に行けばいくほど、弾数が増え、開店するスピードも変化します。4列すべてを破壊すると、本体が出現します。

第二段階、人型になったキューブ群。攻撃方法は"地面叩き"と"両手殴り"の二種。地面を叩きつけた後、地面から衝撃波が発生、その後殴りつけるか、キューブを飛ばしてきます。これらを回避し、手の先の赤い部分を「黒の手」で猛打します。左右の手を破壊すると、さらに形態が変化。

第三段階、◆型になったキューブ群。回転しながら、"ビーム"照射を開始します。"ビーム"の軌道をよく読んでジャンプや回避で避け、赤いキューブを「黒の幻影」や「黒の弾」で狙っていきます。攻撃が広範囲にわたるため回避が面倒で、標的が小さいために狙いが付け辛い。射線を調整し、なるべく正面に立つようにして攻撃すると当てやすくなります。

キューブ群を撃破するごとに徐々に小さくなっていき、狙いも付けにくくなります。狙いをつけるよりも、がむしゃらに「黒の弾」を撃ちまくって、当たればラッキー作戦で行きましょう。赤いキューブに当たらないとカウンターの黒い魔法弾が飛んできますが、数は少ないので回避は容易です。破壊するにつれキューブ群が小さくなり、最終的にビームの範囲がとんでもないことになりますが、スピード勝負で切り抜けましょう。

深紅の書(洋館)

これまでのボスとは異なり、とても小さいボス。部屋中を動き回るので、終始追いかけまわしながらの戦いになります。

攻撃方法は"ページのブーメラン"と"突進"の2種。"ページのブーメラン"は、深紅の書の周辺にページが回転し、その後プレイヤー目掛けて飛んできます。"突進"はページ回転のまま移動してきます。こちらはページの攻撃範囲が大きく、自身も移動してくるのでかなりの攻撃範囲があります。

飛ばしてくるページは「黒の弾」で一掃します。本体は魔法が効かないので、直接斬りつけます。一定以上ダメージを与えると、深紅の書の攻撃範囲が広がります。逃げながら「黒の弾」を撃ち、ページを破壊して安全が確保できたら接近して斬りましょう。

さらに一定以上ダメージを与えるとバリアを張り、攻撃がまったく効かなくなりますが、カイネが登場し、イベントの後、ダメージを与えられるようになります。バリアをまとった"突進"は、回避後に集中攻撃をすると、一時的にバリアが解けるのでそこを追撃しましょう。

ジャック(ニーアの村)

序盤の大トリとなる大激戦。この戦いが始まると、もう少年時代のクエストは受けられなくなるので、戦う前にすべて終わらせておくこと。街通り、広場、図書館と段階ごとに戦う場所が異なり、ジャックの形態も変化していきます。

第一段階前半、街通りでの襲撃。建物の上から攻撃してくるので、直接攻撃を与えられるのは、"パンチ"で直接攻撃してきくるのをかわした後のみ。叩きつけられた時の衝撃波をかわすように二段ジャンプし、拳に攻撃を集中させること。同時に魔法弾をばら撒く"球体放出"を行って来きますが、こちらも可能な限り駆除して魔法弾をばら撒かれないようにします。一定以上ダメージを与えると、右手をもぐ……が再生されてしまいます。

第一段階後半、さらに進軍してくるジャックに対応するため、門の上まで移動し、引き続き敵の右腕部分を狙います。米字型の連続魔法弾("弾丸放出")がきたら、大きく下がってやり過ごします。門の上を石畳みごと吹き飛ばす"パンチ"も、前半戦同様に同じく二段ジャンプしつつ大きく回避。一発が大きいのでとにかく回避を優先。わらわらと湧いて襲いかかってくる雑魚マモノは、引き付けて「黒の手」で一掃しましょう。斬り合っていると埒が明きません。マモノはたまに「傷薬」を落とすので活用しましょう。一定以上ダメージを与え、右手を破壊すると、門の上から図書館方向へ逃走します。すぐに後を追うこと。

第二段階前半、時間制限があります。ジャックが図書館に到達する前に撃破できないとゲームオーバーになります。最初はほぼ棒立ちで待っているので、背後から各種魔法で攻撃しつつ距離を詰めます。次第に雑魚マモノが集合してくるので、囲まれる前に接近して、弱点である足を集中攻撃。一定以上ダメージを与えると、どちらかの足に「アタックゲージ」が出現、手早く撃破。破壊後はカイネが登場し、後半戦突入。

第二段階後半、歩きだしたら時間との戦いです。まずは足を再び攻撃し、「アタックゲージ」が出現したら手早く破壊。その後はとにかく敵の体力を極限まで減らしておき、瀕死の状況にしておきます。すぐに山頂へ先回りし、図書館目前まで到着すると、顎の下に「アタックゲージ」が出現したら「黒の槍」でよく狙って破壊。さらにもう一度「アタックゲージ」が出現するので再び破壊。短時間ながらも濃密なスピード勝負となります。

ジャック(頭部)(図書館)

まだまだ終わらない、図書館での第三段階、最終戦。触手すべてが「アタックゲージ」のため、とりあえず攻撃していれば何らかのダメージを与えられます。攻撃も激しくないので、背後に回り込みながらビシビシ斬っているだけでOK。

最後は胴体→頭部の順に「アタックゲージ」が出現、これを破壊すればひとまずジャック戦は決着。さらに黒の書との連戦が続きます。

黒の書(図書館)

イベントにより魔法が使えません。攻撃を重ね、「アタックゲージ」を破壊するたびに徐々に魔法を取り返していきます。まずは「黒の弾」を取り戻すところから。取り返した後は、終始「黒の弾」を撃ちまくりながら弾幕を張って戦います。相殺しながら接近し、斬りつけてダメージを稼ぎます。攻撃が間に合わなくても気にせず、相殺を重視しましょう。

段階ごとに"ページ配置弾幕"の形状が変化します。1)水平に撃ち、発射後180度移動→2)立体的かつ弾数が増加、発射後180度移動→3)縦方向に厚い弾幕、発射後90度移動→4)塊のような弾幕、発射後90度移動。後半になるほど攻撃が当てづらくなりますが、相殺は容易です。第三段階以降は、90度移動するために距離が取りづらいくなりますが、すばやく対角線に移動することで対処。

すべての魔法を取り戻すと、黒の書の体力が回復し、さらに暴れ出します。天井を落としながら突進してくるので、落下物に注意しつつ攻撃を当てていきましょう。

ハルア(地下施設)

青年時代最初のボス。一切の物理攻撃は無効なので、すべて魔法で攻撃すること。

第一段階では、地上で放射状の魔法弾を乱射、乱射後は"突進"してきます。魔法弾はこちらも「黒の弾」と斬り攻撃で相殺し、"突進"はよく見てタイミングを見計らい、二段ジャンプ攻撃で回避。この"突進"直後の硬直に「黒の手」を叩き込んでいきます。

一定以上のダメージを与えると、第二段階へ移行。円柱状の壁の内側を這いまわるようになります。視点を操作しながら「黒の弾」で追尾し、撃ってくる魔法弾も可能な限り相殺、不可能なら場合、跳弾に注意しつつ避けましょう。ダメージを与えると落下させることができます。落下中はじたばたする足に注意しつつ「黒の手」などで追撃します。「アタックゲージ」出現後は、魔法弾をばら撒きながらあがき続けるので、近付かず遠距離から「黒の槍」を溜め最大で叩きこんで終了。

ジャック(頭部)(図書館)

5年越しの再戦。こちらのレベルが上がっているため、真正面から「黒の手」を連打するだけであっさり勝てます。

片腕グレーテル(石の神殿)

こちらも再戦。回転しながら突っ込んでくる"回転攻撃"が追加されています。回避は困難なので、壁際でガードして耐えましょう。撃ってくる魔法弾は相殺、雑魚のマモノは光りのさしているフロアを突破できません。離れていれば安全。"回転攻撃"のみ要注意!

暴走カイネ(石の神殿)

案の定、マモノに乗っ取られ暴走するカイネさん。這うようにして突っ込んでくる"斬りコンボ・改"と、壁から壁に飛び移っては"壁張り付き魔法弾"の雨を降らせてきます。

白の書は斬るな、と忠告してきますが、壁に張り付いている状態はジャンプ斬りで容赦なく叩き落とし、ダウン中の暴走カイネに「黒の手」を乱打して体力を奪っていきましょう。壁からの魔法弾の回避は困難です。可能な限り斬り攻撃や「黒の弾」で相殺していくこと。

「アタックゲージ」は、一定以上ダメージを与えた後、エミールがカイネに接近すると出現します。地面にいるので攻撃は当てやすいはず。

ウェンディ(崖の上の村)

魔法弾大好きっ子のウェンディちゃん。黒と赤の魔法弾を雨あられと撃ってきます。三段階に渡って、手を変え場所を変えての戦闘となります。広い崖の上の村内を走り回らなければならず、あらかじめ地理を把握してきましょう。足場から下に飛び降りてのショートカットなどで、多少楽ができます。

第一段階、ウェンディの攻撃方法は、全方位撃ち、黒だけ、赤だけとパターンは異なります。文字通り眼前まで接近して斬りまくり、眼への攻撃と魔弾の相殺を狙います。遠くでかわすよりも、弾の出どころで相殺を狙った方が比較的安全です。"触手刺し"攻撃は大きく回避。セットで出現するマモノは無視し、弱点である目を目掛けて「黒の槍」をちくちく撃ちこんで行きましょう。「アタックゲージ」が出現したら、引き続き、溜め最大の「黒の槍」を叩き込んで撃破。

第一段階撃破後は、エミールが囮となるので、梯子を下って上ってウェンディの背後に回りましょう。

第二段階、橋の上に到達すると大量の魔法弾を撃ってきますが、平行方向に放射状に撃ってくるだけなので、斬り攻撃連打であっさり相殺できます。魔法弾は身体半分ずらしながら斬ることで対処し、ついでに魔力吸収。そのまま目の正面まで近付き、溜め最大「黒の槍」をドン。一定以上ダメージを与えると再度フロアを移動、エミールも合流します。

第三段階、は第一段階、第二段階のミックスバージョンです。出会い頭がチャンスなので、いきなり溜め最大「黒の槍」を目に突きさしてしまいましょう。 その後は"触手刺し"からのマモノ召喚、目から"レーザー"の繰り返し。たまに目が動いて攻撃をかわされるので注意。"レーザー"は大きく動いてかわせば怖くないはず。その後は魔法弾が飛んできますが、同時に弱点である目が下に降りてくるので、至近距離で斬りまくります。このとき魔法弾も相殺斬りし、魔力を稼ぎながらできればベスト。とにかく密接。「アタックゲージ」が出現したら、これまでと同じように溜め最大「黒の槍」を叩き込んで終了。

ロック(仮面の街/狼の巣)

いろいろ複線のあったボス狼との戦い。結婚式襲撃時の第一戦、追撃時の第二戦に分かれています。

第一戦は、空中で高速縦回転の後、周囲に衝撃波を飛ばす"回転衝撃波"攻撃がメイン。まれに周辺に衝撃波を飛ばす"咆哮"、"速射魔法弾"、ジャンプしての"回転魔法弾"を放ってきます。すばしっこくて魔法が効かない……と白の書に言われますが、溜めに溜めた「黒の手」でブン殴ればあっさり終わります。体力を半分以下にすれば撤退。

第二戦は溜めの後に突撃"体当たり"攻撃、縦回転の後突撃、が加わり、さらに周囲には雑魚狼たちが群れていて、最初はロック近付けません。まずは雑魚狼を、王の兵隊と共に殲滅してしまいましょう。

ロックが中央の高台にのぼった後、必ず高速の"回転衝撃波"攻撃が来ます。引き付けて真横に回避するか素直に防御し、動きが止まったところを必死に斬りましょう。仲間は当てになりません。正面に捉えることができれば「黒の手」も絡めて攻撃していきます。少ないチャンスに集中攻撃するのがコツ。それ以外は回避重視。

P-33&クレオ(ロボット山)

何とも懐かしいデザインのポンコツロボP-33と、マモノ版正太郎くんのクレオ。基本的にはP-33との戦いになります。

足踏みによる"電撃"および"放電"攻撃は、二段ジャンプでかわすこと。通常ジャンプだとかわせそうでかわせません。思い切って、相手のいる方向に飛べばさらに安全です。回転しながら黒魔法弾をばら撒く"回転バルカン"攻撃は、大きく距離を取り、魔法弾が射程切れで消えそうなところを剣で斬って魔力ゲージ稼ぎをします。近寄って剣撃と「黒の手」、遠くから「黒の槍」で一定以上ダメージを与えると翼を装着し変形します。

変形後は、上空高くに上がり瓦礫を落としてきます。走り回っていると逆に危険なので、なるべく動かず瓦礫の影を見て回避します。なお、一度落ちてきたところは比較的安全です。一度ふわっと浮いた後滑空しながらの"体当たり"攻撃は、左右に回避行動。回避後にすぐ相手の方を向き、「黒の槍」を溜め最大でぶち当てていきます。黒魔法弾を高速ばら撒く"飛行バルカン"は、逃げるだけ逃げて、追い込まれたら斬り攻撃で相殺しましょう。P-33撃墜後は、クレオが出現し、5体に分裂します。すべて撃破で「アタックゲージ」が出現。

デボル/ポポル(魔王の城)

今までさんざんお世話になった二人とのまさかの対決、第一戦。ソバージュの方が酒場にいたデボル、ロングの方が図書館にいたポポルです。戦いだすと、どっちがどっちだったか分かりづらい……。

紫の魔法弾攻撃と、ワープ移動がメインです。二人別々に移動するため、どちらか一方に攻撃を集中しましょう。一定以上ダメージを与えると会話イベントの後、封印されし言葉(魔法)をコピーされます。ここからが本番。

二人が一緒に移動するようになり。全方位に「黒の弾」、「黒の槍」を撃ってきます。「黒の弾」は斬り攻撃で相殺できるので、接近して斬りつけていれば問題ありません。ある程度「黒の弾」を撃った後に、ワープで移動します。

さらに一定以上のダメージを与えると、再び別行動を開始。移動もするようになります。二人に別れた後は、デボルが「黒の手」(溜め最大)をかましてくるので、冷静に左右に回転回避し、背中から斬っていきます。ポポルは引き続き、ワープ&「黒の弾」「黒の槍」パターンを継続します。どちらか一方に攻撃を絞り、ワープ後を追撃するように「黒の手」乱打でダメージを奪っていきましょう。

グース(魔王の城)

イノシシじゃん。などと言ってはいけない。遮蔽物の無い広いホールでの戦いは、遠距離から魔法で攻撃したり、崖にはめて一方的にボコったりができません。正々堂々と戦う羽目になります。

メインである"突進"攻撃は、グースから離れてしまうと防御不可、回避不可で無敵です。ある意味、本作中で最強の攻撃です。被弾しながらも斬り合うか、"突進"をさせないようにまとわりつくようにしましょう。グースが前足をかきだしたら、なるべく接近し、敵の眼前で突進のしかかりを左右に回避することもできますが、かなり難易度は高いです。

接近して斬りつけていると、たまにフットプレスがきますが、事故だと思って諦めましょう。一定以上のダメージを与え、ダウンさせると瘴気をまとって復活します。

復活後、身体から"毒霧"を出す攻撃は離れて回避。このときはグースの動きも止まるので、逆に「黒の槍」などで攻撃チャンス。撃破すると懲りずに再度復活します。しばらくすると撃破を諦め、カイネが扉を開けて先へ行くので、開扉後は彼女を追いかけ螺旋階段へ移動します。

螺旋階段の移動は一番内回りを走ればジャンプする回数を減らせます。何度か死んで覚えましょう。

追いつかれた後は、前戦同様の戦い方をします。撃破後は、仮面の王と部隊が出現し時間稼ぎをしてくれます。さらに一定時間経過で開門するので、門の向こうへ移動して逃走完了です。

デボル/ポポル(魔王の城)

双子との第二戦。今回はデボルとポポルが交互に仕掛けてきます。ステージ上にいる方はサポート魔法を使ってきます。フロアにいる方は魔法攻撃を仕掛けてきます。こちらにしか攻撃は当てれません。

最初、ポポルがステージの上から小さな黒の魔法弾をデボル用のバリアとして歌いながら飛ばしてきます。デボルはフロアを移動しながら「黒の手」「黒の槍」「黒の弾(バリア型)」を好き放題撃ってきます。「黒の手」を遠くで回避し、その後は至近距離で斬りまくるか、同じく「黒の手」乱打で反撃しましょう。デボル撃破すると、ポポル戦に以降。

ポポルは黒と赤の魔導弾を縦横無尽に撃ってきますが、前進して3回斬る→後ろに回避、3回斬る→後ろに回避でしのぎましょう。その後は超接近して「黒の手」を乱打。斬って斬って斬って下がって回避、の繰り返しができれば問題ないはず。

黒の書(魔王の城)

黒の書との再戦。以前よりも攻撃は単調ですが、攻撃力が高く、なめていると思わぬダメージを受けてしまいます。

扇状に巨大な槍を飛ばす"ページの槍"攻撃は、大きく横に回避。フロア全体にページを飛ばし魔法弾を散りばめる"壁反射突進"攻撃は、ポポル戦同様、斬って斬って下がる、または前に回避の繰り返しで対処。接近したら攻撃を集中させてバリアを破壊し、ダメージを与えていきます。黒の書撃破後は、魔王が降下してきます。

魔王(魔王の城)

魔王、というシンプルな名前のラスボス。

"黒の槍"の超連打版、"黒の処刑"の広範囲版、空中から突っ込んでくる"滑空突き"など攻撃が多彩です。そんな中で、狙いどころは、ワープして真下から出現→上昇、空から"黒の槍"、ジャンプ"チャージ攻撃"で、これをかわしてから斬りつけていきます。一定以上ダメージを与えると「アタックゲージ」が発生、撃破するとヨナのイベントが発生。

ヨナ帰還後は、カイネが戦闘から外れます。魔王は空を飛び、遠距離からフロアの半分近くを埋める魔法の柱"滑空魔法弾"を撃ってきます。距離を置き、左右に大きく回避てしのいでいると、ワープ後に攻撃が来るので、かわしたら反撃。一定以上のダメージを与えると「アタックゲージ」が出現、撃破後はイベントが発生しシロが離脱し、魔法が一切使えなくなります。

最終段階の魔王には、常時「アタックゲージ」が発生し、無尽蔵の魔法弾"無差別乱射弾幕"をめちゃくちゃ撃ってきます。文字通り弾幕で、気分はもうシューティングゲームですが、恐れずに斬り進んで行けば問題なし。回避しようとすると逆に被弾するので、まっすぐ斬り進み、被弾しそうになったら真後ろに回転回避でかわしましょう。本体を攻撃する度に「アタックゲージ」が破壊され、自分はノックバックして最初の地点に戻されます。再び弾幕の中を前進し、3回斬りつければクリアです。ひるまず進んで行くことが大事。

最終暴走カイネ(魔王の城)

真のラスボスはやはりこの人。魔王戦に引き続き、魔法は一切使えません。戦闘開始後、しばらくはカイネとテュランの会話が続き、この間は無敵です。会話後には、カイネの左右に設置された2つのオプション?からの魔法弾の雨あられで接近すら困難になります。こちらからは一切攻撃せず、遠くで回避とガードを繰り返して一定時間しのぎ、テュランと会話イベントを待ちます。イベント後は、魔法弾の範囲が狭まります。

最終暴走カイネは、暴走カイネの攻撃パターンに"突進突き"と、各種魔法弾が加わりますが、多くはガードで防げるので、守った後に反撃を徹底しましょう。一発一発のダメージがでかいので、体力回復を怠らないように要注意。壁張り付きがなく、基本的には攻撃がシンプルなので、さほど頭を使わず戦えるはず。

撃破後の選択では、最初は(1)の「カイネの胸に剣を付きたてる」(エンディングC)を選択し、二回目で(2)の「元の人間に戻す」(エンディングD)を選択するようにしましょう。いきなり(2)を選択すると、セーブデータが消え去ります。そうなる前に、エンディングCを見ておくべし。