関連商品

英雄伝説 閃の軌跡

基本情報

正式名称 英雄伝説 閃の軌跡
ジャンル ストーリーRPG
メーカー 日本ファルコム
機種 PlayStation3/PlayStation Vita
発売日 2013/09/26
個人的な評価 ★☆☆☆☆
やりこみ度 ★★☆☆☆
一言メモ コピーアンドペーストの集大成
更新履歴 2014/02/16 アクセサリ アイテム Tips
2014/02/12 武器 防具
2014/01/27 レシピ 釣り 書物
2014/01/20 クラフト
2014/01/13 基礎知識 クオーツ2 アーツ
2014/01/06 クオーツ1
2014/01/01 クエスト
2013/12/31 フローチャート7(終章)
2013/12/23 フローチャート6(第六章)
2013/11/11 フローチャート5(第五章)
2013/10/23 フローチャート4(第四章)
2013/10/15 フローチャート3(第三章)
2013/10/03 フローチャート2(第二章)
2013/09/29 フローチャート1(序章・第一章)
関連リンク オフィシャルサイト
英雄伝説 閃の軌跡

基礎知識

ゲームの進め方

クリアまで、基本的に一本道のRPGです。各章で各地を訪れる特別実習を行いますが、一度章が終わると再訪することはありません。宝箱の取り忘れに注意。

クエスト

各章は日付によってパート分けされています。日によっては午前・午後と分かれているものもあり、それぞれにイベントが発生してゲームが進行していくことになります。パートごとに「必須クエスト」が発生し、それを達成していくことでパートクリアとなりますが、クリアしなくても良い「任意クエスト」や、条件を満たすと発生する「隠しクエスト」というものがあります。これらは必ずしもクリアする必要はありませんが、特殊なアイテムやクオーツを入手できるので、可能な限りこなしていきましょう。

クエストを達成すると「AP(アカデミックポイント)」を獲得できます。「AP」はクエスト時のプレイヤーの行動、選択肢によって加算されることがあるので、とりあえずクリアすれば良いというわけではなく、適切な選択をするように心がけましょう。

絆イベント

各パートでは、仲間との「絆」を上昇させるための「絆イベント」とよばれるサブイベントがあります。「絆」が上昇すると、後述する「戦術リンク」のリンクレベルが上がり、戦闘に有利になります。

「絆」ポイントは、移動中の導力列車でプレイできる「ブレード」や、戦闘時の「戦術リンク」、各章クリア時にも獲得できます。積極的に稼いでいきましょう。

なお、終章のイベントでは、「絆」ポイントが一定数以上のキャラクターとのみ、ダンスイベントを発生させることができます。ある種のギャルゲ―要素でもあるので、気に入った女の子がいたら積極的に「絆イベント」を起こしていきましょう。サラ教官、トワ会長など、戦闘に参加しないキャラクターに関しては、「絆イベント」でしか「絆ポイントが」獲得できないので特に注意。

オーブメント

軌跡シリーズ伝統のオーブメントシステムですが、今回は「ARCUS(アークス)」と呼ばれる戦術オーブメントが採用されています。今までと同様、スロットを開封することでEPが増加し、クオーツをセットすることでアーツが使用できます。

ただし本作では、クオーツをはめ込みライン上の属性値が規定値に達するとアーツが使用可能というシステムではなく、そのものずばりアーツの名前のクオーツをセットすることで使用できます。頭を使わなくても良くなりました。

ライン上には刃系クオーツは二つ付けられないというルールは健在。ですが、あまり使わないのでどうでもいいでしょう。

武器・防具

武器、防具は学生会館や各地の武器屋で購入できます。章ごとに品ぞろえが変わり、購入しておかないと二度と取得できない武器もあるので、コンプリートしたければ忘れずに。

また、武器、防具ともに、章が進むごとに勝手に追加されていき、各キャラクターが装備していきます。お金がもったいなければ、主要メンバー以外の武器は買わなくても大丈夫。

戦闘の基礎

戦闘はシリーズ通して共通の、SPDの高い順に攻撃していく変則のターン制です。

ATボーナスも健在です。特に意識すべきは、ボス戦でクリティカルやヒールが敵の攻撃時に回ってくるときで、この時はSクラフト等で割り込んだり、事前にティアなどの駆動時間が短いアーツで割り込むなどして順番をずらして妨害していきましょう。

なお、本作では遅延を発生させるクラフトが多く、リィンの「弧影斬」など、連発していれば何もさせずにモンスターを一掃できることがあります。積極的に活用していきましょう。

シリーズ通して言えることですが、毒や気絶などの状態変化への対策ができていないと、あっさり全滅することもよくあるので、ステータス以上を防ぐ各アクセサリなどは一通り(4人分)そろえておくこと。レベルや武器より大切です。

戦術リンク

新システム「戦術リンク」は非常に重要な要素です。相手の弱点属性を攻撃し、崩しが発生すると、リンクしている仲間が追撃できます。このリンクアタックが重要で、事実上の二回攻撃となるので、戦闘の効率を大幅に上げることができます。また、リンクレベルが上がることによって、止めの一撃、ラッシュ2などが追加され、さらに有利になります。

注意しなければならないのは、パーティが変更されたり、一度戦闘不能になるとリンクが切断されてしまう点です。戦闘中の場合、すぐにL1ボタンを押してリンクし直すようにしましょう。リンクが切れたことを知らせるメッセージは一切ないので、忘れて戦闘してしまうことも多いので注意……。

料理の基本

料理のレシピと食材があれば、特殊効果を持つ回復アイテム「料理」を作ることができます。

レシピの習得場所は限られており、タイミングを逃すと二度と習得できなくなります。取り逃さないように要注意。

料理時に、キャラクターの得手不得手により、通常、絶品、珍妙、独自の4タイプの料理が出来上がります。その料理が得意なキャラクターであれば絶品、苦手なキャラクターであれば珍妙料理ができあがる可能性が高く、料理名も効果も異なるものが作られます。できれば絶品料理を作り上げたいところですが、珍妙料理にも需要があります。

独自料理を作り上げた場合、メイドのロッテに渡すことで報酬を得られます。20種類すべてを渡すと、ここでしか手に入らないクオーツ「熾天使」を入手できます。珍妙料理を作り上げて、トマス教官に渡すと同じく報酬を得られ、20種類すべてを渡すとクオーツ「幻妖牙」を入手できます。

釣りの基本

ゲーム中、釣りポイントと呼ばれる場所では、釣りをすることができます。釣り上げた魚からはセピスを入手したり、釣果ポイントを得ることができます。

集めた釣果ポイントは、釣り部員のケネスと話すことで、特殊なアイテムと交換することができます。ここでしか入手できないアイテムもあり、特にマスタークオーツの「ヲロチ」を入手するためにも、釣り場を見つけたら、制限回数(画面下に魚のマークで表示)いっぱいまで釣りをするようにしましょう。

さらに面倒くさいことに、ここで入手したバッジを生徒の一人・コレットと交換することで「ゼムリアストーンの欠片」が入手できます。ああ、面倒くさい。

書物収集

ゲーム中入手、または図書館で購読できる「書物」は、すべて読みつくすことでトロフィーを獲得できるほか、「赤い月のロゼ」(全14巻)すべてをそろえてベリルに渡すことで「ゼムリアストーンの欠片」を入手することができます。

なお、書物に含まれるのは、帝国時報・第1号~第11号、カーネリア文庫版1~11、上述の赤い月のロゼ1巻~11巻となります。前者はブックストア《ケインズ書房》や学生会館等で入手することができ、後者は特定のキャラクターに話しかけることで入手。取りこぼすと二度と手に入りません。

例外として、図書館1階の書棚にある本も含まれます。ようするに、ノート>書物に含まれるものが対象です。

ゼムリアストーンの欠片の交換

終章の学院祭の時に、学院の生徒・コレットと話すと、所持している特殊アイテムを「ゼムリアストーンの欠片」と交換することができます。

特殊アイテムは、釣果ポイントの交換で得られる「お魚バッジシリーズ」…ソーディバッジ、カルプバッジ、サモーナバッジ。特定の人に話しかけるともらえる「みっしぃグッズシリーズ」…おすわりみっしぃ、うたたねみっしぃ、こばしりみっしぃ。各地で購入できる「動物ストラップシリーズ」…ケロケロストラップ、ワンワンストラップ、ニャンニャンストラップ。の3シリーズ。シリーズごとに3つのアイテム全てを所持していることが条件となり、シリーズごとに1つずつ「ゼムリアストーンの欠片」をもらえます。

最強武器入手方法

各キャラクターの最強武器の作成には「ゼムリアストーン」が必要です。上記、「ゼムリアストーンの欠片」を3つ集め、終章の技術棟(または校門前)でジョルジュに話しかけ、「ゼムリアストーン」へ改造。その後、「ゼムリアストーン」を使用して武器改造を依頼することで作成できます。

各キャラクターごとに作成するとなると、何週回かプレイしないと取得することができません。超絶面倒な割に、大した恩恵も得られません。マニアはがんばって集めましょう。